スキンケア化粧品を替えるなら生理の周期に合わせて吉

スキンケア化粧品を変えるベストなタイミング

こんにちは。
スキンケア化粧品を一気に変えて、見事に肌荒れしたエナ(@bihada_tips)です。

一気に変えるのがそもそも間違いかも、ですが「スキンケア全部変えたい~」という気分の時ってありますよね?!

エナ
エナ

全とっかえが成功するパターンもたまにある

「スキンケア化粧品なんて、変えたい時が変え時なんじゃない?」と思っていましたが、肌荒れして初めて生理の周期に合わせることの大切さを痛感。

知っているようで知らなかったスキンケア化粧品を替えるベストなタイミングについてご紹介します。

スキンケア化粧品は「生理後の一週間」に変える

生理の周期を7日ごと4つの時期にわけると、最も肌の調子がいいのは

生理後の一週間!

スキンケア化粧品を変えるならこのタイミングがベストです。

スキンケア化粧品を変えるベストタイミング
生理前の7日間(黄体期後半)

もっとも調子の悪いとき。オイリーになるので吹き出物ができやすく、紫外線にも過敏になるのでシミ・そばかすもできやすいトラブル期。この時期に過剰なスキンケアは禁物。紫外線ケアは念入りにしつつも食事などで内側からケアするようにします。

生理中最初の7日間(月経期)

体温も低いため、血行が悪く肌も乾燥しがちな乾燥期。この乾燥期に必要なスキンケアはとにかく保湿。

生理が終わるころの7日間(卵胞期)

うるおいの女性ホルモン“エストロゲン”の分泌がピークになる時期。特に何もしなくてもうるツヤの美肌期を迎えます。調子も良く肌も比較的強い状態なので、新しい化粧品を使い始めたり、角質ケアなどで攻めのケアをするならこの時期。

生理が終わった後の7日間(黄体期前半

少しずつ調子が下降していく調整期。肌の内側が乾きやすいので保湿でバランスを整えます。

生理直後に肌の調子がいいのには、おなじみエストロゲンが関係しています。

エストロゲン(卵胞ホルモン)は、女性ホルモンの中でも肌をみずみずしく整えコラーゲンも増やしてくれる美肌ホルモン

エストロゲンの分泌がピークになる生理後は、美容にとってはまさに”攻めの時期”。

肌の新陳代謝が活発になるこのタイミングで、

新しい化粧品攻めのスキンケアを試す!

これがスキンケア化粧品を替えるベストなタイミングなんです。

エナ
エナ

ダイエットやバストアップもこの時期が効果的。

生理前の7日間は「攻めの美容」NG

スキンケア化粧品を変えてはいけない時期

反対に、おとなしく過ごす方がいい時期(攻めずに守る)があります。

生理前の1,2週間は黄体期といって、女性ホルモンのプロゲステロンの量が増えるとき。

基礎体温が高温期に入り、眠気も強くなります。

エナ
エナ

恐ろしく眠くなるから「そろそろ生理かな」ってわかる。

疲れやすくイライラするなど、メンタルも弱っている状態。

むくんだり便秘になりやすいので、ニキビができたり肌荒れしやすい不安定な時期です。

生理前の2週間ほど特に1週間は、新しいスキンケアを試したり無理なダイエットはNG。

なるべくリラックスできるよう過ごすのが正解です。

スキンケア化粧品を変える前に見直すこと

スキンケア化粧品を変えたくなったら

1.肌荒れしたら生理の周期と照らし合わせる

自分の生理の周期をきちんと把握して肌のお手入れに取り入れるのはすごく大切。

私は全然わかっていなかったので、ひどい肌荒れを起こして初めて生理の周期を意識するようになりました。

そもそもスキンケア化粧品を変えたくなったのは、生理前の黄体期に肌の調子がよくなかっただけかも。

生理が原因なら、生理が終わればまた復活できたかもしれないですよね。

2.生活が乱れるとスキンケアもうまくいかない

ひょっとしたら、合わなくなった原因は化粧品以外のことかもしれません。

  • 睡眠不足が続いている
  • 脂っこい食事が多く野菜などのミネラルが不足している
  • ストレスがたまっている

当たり前のようでなかなか思うようにいかないのが生活のリズム。

それをカバーしようと、あれこれと化粧品をつけすぎて肌が疲れていることもあり得ます。

化粧水をやめてクリームだけでスキンケアを2週間続けた結果【メリット・デメリットまとめ】

このような理由に心当たりがなく、「やっぱりスキンケア化粧品を変えた方がよさそうだ」と思った時に初めて新しいスキンケアへと移行すべき。

そのときは一気に変えるのではなく、生理の周期も計算にいれたりパッチテストをしたうえで、化粧水などから少しずつ変えていきましょう。

3.知らずに敏感肌になっている可能性も

年齢とともに肌がゆらぎやすくなります。

季節の変わり目や生理の前後に肌荒れが起きやすかったり、ニキビが繰り返しできたりするときは、知らない間に敏感肌になってしまっているのかも。

肌の水分が保てず肌表面のバリア機能も弱っているので、いくら丁寧にスキンケアをしても改善しないんです。

そんなときは敏感肌用のスキンケア化粧品に切り替えてみると改善する可能性あり。

アヤナストライアルレビュー敏感肌を救う「アヤナス」トライアルセットレビュー。ハリ・ツヤは復活した?

スキンケア化粧品を替えるベストなタイミング まとめ

肌細胞が生まれ変わるサイクルは28日間。

年齢を重ねるにつれ45日くらいかかることもありますので、スキンケア化粧品をたった一度の使用で判断するのではなく、じっくり肌と向き合って相性を確かめることが大切です。

生理との関係も考えながら、自分にとってのベストなスキンケア化粧品を見つけるときの参考にしてくださいね。