【プチプラor高級化粧品】一番お金をかけるべきスキンケア化粧品はどれ?

一番お金をかけるべきスキンケア化粧品はどれ?

スキンケア化粧品は、高価なものからプチプラなものまで種類がたくさんあって、どれを選んだらいいのか迷いますよね。

moka
最近はプチプラ化粧品がブームだけど、肌への効果はどうなんだろう・・。

かと言って、化粧水や美容液、クリームなどを全部高価なものでそろえるとトータルで数万円!なんてことに💧

そこまで予算はかけられないから、どれか一点お金をかけるとしたら、どのスキンケア化粧品がいいのか徹底検証します!
 

高価な化粧品がいいとは限らない?!

化粧品選びで迷ったときによく感じるのが「化粧品にお金をかければかけるほどきれいになれるの?」という疑問。

実際に使ったあとでも、いまいち違いがわからなかったりしますよね💧

化粧品を選ぶときに悩むこと

  • 「1,000円の化粧水と8,000円の化粧水はどう違うの」
  • 「値段が高いのって高級ブランドだから?(中身はふつう?)」

女優さんやモデルさんたちは美容のためにかなりの投資をしていそうだし、高品質なコスメはやっぱり高額なものが多いですよね。

年齢を重ねてもきれいをキープしている人を見ると、「相当お金をかけてるんだろうなあ」なんて思ったりします💦

moka
高価な化粧品を買うなら高い効果を期待するし、失敗は絶対したくない!

プチプラ化粧品でも効果が変わらないのなら安い方がいいけれど、もし肌荒れしたら嫌だし・・・。

なぜ化粧品の値段は差が大きいの?

大手のブランド化粧品が高価なのは、宣伝や広告にお金がかかるから

材料費が高価だったり容器代や人件費なども含まれているので、CMや雑誌でよく見かけるゴージャスなパッケージの化粧品はお値段も必然的に高くなります。

なぜ化粧品の値段は差が大きいの?

「高級化粧品とプチプラ化粧品の成分を調べたら一緒だったから、プチプラの勝ち!」みたいな意見をたまに見かけます。

でも、化粧品に配合される成分は認可が下りたものに限られるので、同じ成分が含まれているのって当たり前だと思いませんか?

大切なのは、各ブランドが独自に開発した「成分の配合バランス」やオリジナル成分の効果

名のあるブランドであればあるほど、その化粧品の出来が会社の命運を握ることもあります。

その意味では、企業の総力を結集してできた化粧品が高価なのは当たり前ですよね。

もちろん、中身に合わない高価な値段で販売されているものには注意が必要。

結論は、有名ブランドの化粧品なら「値段の高いものはそれに見合うだけの高い効果に自信をもって販売している」のです。

プチプラ化粧品って正直どうなの?

プチプラ化粧品って正直どうなの?

最近大人気のプチプラ化粧品。

「プチプライス」という名前の通り、安くて買いやすいのが最大の特徴ですよね。

私もプチプラ大好きで、いい口コミのものを見つけるとすぐ試したくなります。

moka
個人的な感覚だと、1,000円台で購入できるものがプチプラ。

ドラッグストアなどでも気軽に買えるので、宝探し感覚でいろいろ試すのが楽しいですよね😀

プチプラ化粧品はいろいろなメーカーから出ていて、資生堂やコーセーなどの化粧品会社にもプチプライスなラインがありますし、ちふれ化粧品などもともとロープライスで展開しているものも人気です。

プチプラだからといって「肌によくない」「効果がない」というわけではありません。

デパートコスメなどに比べると、販売員さんや広告にかけるコストが抑えられるので、品質や効果は保ちながらも低価格を実現しているのが人気の秘密です。

 

一番お金をかけるべきスキンケア化粧品の選び方

自分に一番必要なアイテムに予算を投入しよう

自分に一番必要なアイテムに予算を投入しよう

限られた予算の中で、化粧品をそろえなきゃいけない時もありますよね。

moka
思い切り美容にお金をかけたいけど、服も欲しいしアレもコレも欲しい!

そんなときに、一番お金をかけるべきスキンケア化粧品はどれかを見極める必要があります。

高価なブランドの化粧品をライン使いするのもいいけれど、今の自分に一番必要な化粧品にガツンと予算を投入して、シンプルな機能で十分なものはプチプラ化粧品を賢く使いこなすのもアリですよね。

コスパの高い化粧品を探そう

化粧品を高いと思うか安いと思うかの基準は人それぞれ。

私の場合、化粧水なら5,000円を超えると高く感じますし、美容液なら10,000円以上のものでも高く感じなかったりします。

そんな中、「こんなに高品質なのに、お値段お手頃!」と驚く化粧品があります。

プチプラというよりはコスパの高い化粧品

コスパの高い化粧品を探そう

広告や宣伝をあまりしないブランドの化粧品が実は優秀だった、などという話も耳にしますよね。

それだけではなく「いかに安く、いい商品を届けるか」という企業の姿勢を感じられる商品に出会うと、本当に嬉しくなります。

例えばアテニアのように、”一流ブランドの品質を1/3の価格で提供する”と掲げているブランドもあります。

私もいくつか気に入って使っていますが、クレンジングオイル(1,836円)やBBクリーム(2,160円)などは、本当にコストパフォーマンスが高いと驚かされるクオリティの高さです。

「安い化粧水をたっぷり使う」「高価な化粧水を少しずつ使う」どちらが正解?

「安い化粧水をたっぷり使う」「高価な化粧水を少しずつ使う」どちらが正解?

理想は、高価な化粧水をたっぷり使うこと。

でも、高価な化粧水の場合、メーカーの推奨している量より少なめに使うこともありがち💦

ケチケチ使うくらいなら、いっそ値段のランクを下げた化粧水をたっぷり使う方が肌にはいいような気もします。

一般的には、「安い化粧水をたっぷり使うのと高価な化粧水を少しずつ使うのは、どちらが正解?」という質問に、「高価な化粧水をたっぷり使うのが難しいなら、安い化粧水をたっぷり使いましょう」という答えがほとんど。

でも、安い化粧水でOKなのは若いころまでだと思うのです。

肌に一番最初に触れるものにはお金をかける

一般的には、洗顔したあと肌に使うのは化粧水です。

化粧水の選び方で、その次に使う美容液などの浸透が違ってきますし、なにより肌に一番最初に触れる化粧水の品質は、すごく大切

今まではたっぷり使えるちょっと安めの化粧水を使ってきた人も、ランクアップした化粧水に代えてみるだけで、肌の変化を驚くほど実感できます。

同じように肌に直接使うクレンジング洗顔料を見直すことで「肌が劇的に変わった!」ということも少なくありません。

クレンジング・洗顔料・化粧水のうちどれか、自分に今いちばん必要だと思うものにしっかり”美容の予算”をかけましょう。
 

結論 一番お金をかけるべきスキンケア化粧品はこれ

「どのスキンケア化粧品に最もお金をかけるべきか」は本来なら個人差が大きい問題。

肌の調子や年齢、メイクの濃さによっても「お手入れの重点」が違ってくるからです。

そこで次の3タイプにわけて、予算をかけるべきスキンケア化粧品についてまとめました😀

ぜひ参考にしてみてくださいね!

1.メイクをするならクレンジングにお金をかける

美容関係の仕事をしている人に聞くと「クレンジングが一番大事!」と言う人が多いです。

メイクを剥(は)がす行為が最も肌に負担がかかるからだそう。

また、意外なことに大人ニキビで悩んでいる人に有効なのもクレンジング。

毛穴の汚れも落としつつうるおいを残してくれるクレンジングなら、乾燥が原因の大人ニキビにも優しいのでおすすめです。

私が今まで使った中で「肌がきれいになる」と思っているクレンジングは、シュウウエムラの「アルティム8∞ スブリム ビューティ クレンジング オイル」

オイルクレンジングは乾燥肌には向かないと言われますが、このクレンジングなら大丈夫。ニキビに悩んでいる人にも絶賛されていることからも優秀なことがわかります。

とろみのあるオイルはすごくいい香りで、クレンジングが楽しみになるほど😀

保湿感を残しながらすっきりメイクを落としてくれる”絶妙な洗浄力”で、洗い上がりの肌はカシミヤのようにすべすべ。

ダブル洗顔不要、塗れた手でも使えるところもうれしい!

moka
「クレンジングに1万円以上かけるなんて」と思いましたが、使ってみたら高いのも納得の素晴らしさ。リピーターが多いのもわかります。

お金をかけるべき「クレンジング」はこちら

 

コスパの高さで選ぶなら「アテニア」のオイルクレンジング

アテニア「スキンクリア クレンズ オイル」

もうちょっと価格を抑えたクレンジングで優秀なのはどれかといえば、私のおすすめは、アテニア クリア オイルクレンズ

たっぷり2ヶ月分入って、なんと1,836円!

同じクオリティのクレンジングを他社で探せば、3倍のお値段はします。このコスパの高さはほんとにすごい。

メイク汚れを落とすと同時に肌のくすみもとってくれるから、使うほどに肌がワントーン明るくなる気がします。

ダブル洗顔も必要なし、オイルならではのヌルつきも全くなくて、もちろんメイク汚れもしっかり落ちるから絶大な信頼を置いています。

アテニア「スキンクリア クレンズ オイル」の使い心地は?

アテニア「スキンクリア クレンズ オイル」で肌の透明感がよみがえった!

2016.08.14

 

2.大人の女性は化粧水にお金をかける

アヤナス ローション

化粧水って、なんだか水みたいでそんなに肌の変化は感じないから、安いのでいいかな・・と思っている人も多いですよね。

でも、安い化粧水は精製水の割合が多くて水に近くなってしまいます。

洗顔後、一番最初に肌に触れる化粧水の品質はすごく大切✨

ネットで検索すると、「お金をかけるべきは美容液やクリーム」などの意見も多いのですが、土台が弱っていたらせっかくの高いクリームの効果も半減してしまいます。

特に、年齢を重ねた大人の肌はバリア機能が弱っているので、浸透力の高い化粧水をしっかりと重ねづけすることで肌本来のうるおいを取り戻すことができるんです。

POINT

化粧水の選び方とは?

自分に合った化粧水は、香りとテクスチャーとの相性で見極めましょう。

「香りより効果では?」と思いがちですが、好きな香りの化粧水なら脳にダイレクトに伝わるから女性ホルモンの分泌にも役立ちます。

とろみがあったりサラサラだったりする使い心地の好みも重視して選ぶことで、お手入れのモチベーションもアップ!

敏感肌で満足にメイクもできず、エイジングケアなんて夢のまた夢、だった私の肌を劇的に変えてくれたのがアヤナスという化粧水との出会い。

使い続けていると、肌が安定して「いい状態」を保てるようになり、プチプラ化粧品を試す、なんていう冒険もできるようになったのはアヤナスのおかげです。

お金をかけるべき「化粧水」はこちら

攻めのエイジングケア「アヤナス」でストレスに負けない肌

2016.10.31

 

導入化粧水で美肌を底上げする方法も

ナールスピュア

いつものスキンケアにプラスして使いたい、導入化粧水。

次に使う乳液や美容液の浸透が格段によくなるので、今までのスキンケアに満足できないという人にぜひ使ってほしいアイテムです。

moka
私の愛用しているナールスピュアは、細胞レベルで肌の美しさを底上げしてくれるので、使っていると素肌に自信が出てきます。

ナールスピュアのレビューはこちら

ほうれい線がふっくら!ナールスピュア+(プラス)は科学の力でうるおしてくれます

2018.03.09

 

3.美白ケアも毛穴ケアも同時にしたいなら洗顔にお金をかける

クレンジングと同じく、「落とすケア」と言えば洗顔料。

洗顔料と言えば、泡がモコモコと出るタイプが主流ですよね。

確かにスッキリ洗えた実感が持てるから、なんとなく「きれいに洗えたな」と思えるのは事実。

でも、中にはそのスッキリ感にごまかされて、実はきちんと洗えないものもたくさんあるんです。

美肌を作る洗顔料の条件は「泡立ち」「泡切れ」「肌へのやさしさ」

すべて叶えてくれるのは敏感肌専用に作られた洗顔料です。ちょっとお値段は上がりますが、d プログラムの洗顔料がおすすめです。

毛穴がすっきりきれいになるので、肌全体がワントーン明るくなるんです。

もっちりした泡はパックの効果もあってやみつきになる気持ちよさです✨

 

CHECK!

お金をかけるべきスキンケア化粧品は「与えるもの」or「落とすもの」?

答えは断然「落とすもの」です。

美しい肌を作るのは、肌の表面をきちんとバリアすることで可能になります。

クレンジングや洗顔料に良質なものを選ぶことで、肌のバリア機能をしっかり守ることができるんです。

そのうえで、洗顔後の肌に一番最初に触れる化粧水にお金をかけること。これだけで肌が劇的に変わる可能性があります。

 

【プチプラor高級化粧品】一番お金をかけるべきスキンケア化粧品はどれ? まとめ

一番お金をかけるべきスキンケア化粧品はどれ?

「キレイになりたい!」

そう願うほど、いろいろな化粧品を試したり、次から次へと新しい美容法を試したりしてしまいがち。

でも、私が一番肌にとって大切だと思うのは、ごく当たり前でシンプルなスキンケア。

きちんと汚れを落として、しっかりと美容成分を補充する

それだけでいいんです。

これだ!と思えるスキンケア化粧品を見つけて、必要最小限のアイテムでケアをするのが、一番肌への負担も少ないし実は美肌効果も大きいのではないでしょうか。

シンプルケアを実現するためには、高品質な化粧品をきちんと見極める力が必要。

トライアルセットなどを利用しながら、自分に合ったスキンケア化粧品を見つけていきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

1 個のコメント

  • お金を投資すべきコスメって?デパコス&プチプラの両方を賢く取り入れる方法 | ラブミーモア|もっと大好きな自分へ より:

    […] 出典: 40bihada.info […]