スキンケアでお金をかけるべき順番を知っておこう!

お金をかけるべきスキンケア化粧品

高価なスキンケア化粧品をそろえたいけれど、美容にかける予算にも限りはありますよね。

どれかひとつお金をかけるとしたらどれがいい?

キレイになるためスキンケアに力を入れたい人に共通の悩み…。

エナ
エナ

美容にかけるお金はかしこく使いたい!

数多くあるスキンケアアイテムの中でも「お金をかけるべきもの」の順番を知っておくことは、もっとキレイになりたい大人の女性にはかかせません。

今回は、美容のプロもおすすめする「スキンケアでお金をかける順番」をご紹介します。

「お金をかけるべきスキンケア」の順番 ベスト5

肌に状態によっても違うけれど、美容のプロが重視しているアイテムは次の5つ!

  1. 美容液
  2. クレンジング
  3. 化粧水
  4. 日焼け止め・化粧下地
  5. 洗顔料

それぞれのお金をかけるべき理由をわかりやすくまとめました。

No1.美容液「美容成分の配分量が多い」

美容液
  • メーカーいちおしの美容成分がギュッと配合されている。
  • 「美白」「エイジングケア」など肌の悩みにフィットした成分を選べる。

美容液って高価なものが多いですよね。

理由は簡単。

高価な美容成分がたくさん配合されているから!

しかも、肌の悩みに合わせた美容成分を選ぶことで、効率よくスキンケアができるんです。

最近のトレンドは、化粧水を省いて美容液を重ね付けするというスキンケア。

洗顔後の肌に美容液を直付けすることで、美容成分がダイレクトに肌に働きかけることができるんです。

美容液だけのスキンケア【美容液だけでOK】美容のプロもやっている大人肌スキンケアの新常識って?

No2.クレンジング「上手に落とす」

クレンジング
  • 肌のうるおいを残したままメイクオフするには高い技術が必要。
  • メイクをきっちり取り除く高品質な成分が必要。

メイクを落とすためのクレンジングは、最も肌への負担が大きいもの。

いらないものだけを肌から取り除きたいのに、肌のうるおいも一緒に取り去ってしまうのは避けたいですよね。

美容部員の人や皮膚科の先生がよく言うのが、

「肌からはがす」アイテムは品質のよいものを使うべき

ということ。

肌に汚れが残ったまま美容液などをつけても、肌にいいわけありません!

No3.化粧水「メイクに透明感」

化粧水
  • 水分補給と一緒に美容成分をいきわたらせる。
  • 肌が柔らかくなり透明感が増す。

朝のメイク前には必ず化粧水をつけるべき。

保湿効果はもちろん、肌の透明感がぐんっと増します!

化粧水は精製水がメインだから付けても意味がない、というのは間違い。

化粧水には、洗顔後の肌を整えて次に使うアイテムの効果を高めてくれる大切な役割があります。

No4.日焼け止め「刺激をブロック」

日焼け止め
  • 花粉やホコリなどの刺激からも肌を守る。
  • 紫外線を徹底的にブロックしてこそのスキンケア。

日焼け止めがきちんとできている、という人は実は少ないかも。

なんとなく紫外線防止できそうなものを重ねて塗って安心していると、数年後の肌に確実に悪い影響があります。

最近の日焼け止めは化粧下地と一緒になったものも多いです。

  • 紫外線(AとかBとかいろいろ複雑)から肌をきっちり守る
  • 花粉や大気汚染からも肌をガード
  • ファンデーションのノリを良くして肌色アップ

こんなにも高機能であるべきアイテムを、安いものでチャチャっと済ませるのは絶対NGです。

No5.洗顔料「うるおいキープ」

洗顔料
  • うるおいをしっかり残して皮脂汚れだけをオフ。
  • 乾燥防止とうるおいキープ力のバランスが大切。

洗顔料にお金をかけるのは、うるおいをしっかりとキープしたいから。

クレンジング同様、肌から余分なものだけを取り去るには、高い技術で作られた洗顔料が必須です。

泡立ちがよかったり、洗い上がりがキュッとなる「一見洗えているような感触」にごまかされて選びがち。

汚れをおとすだけではなく、肌の透明感も上げてくれるような洗顔料を使うこともスキンケアの鉄則です。

お金をかけるスキンケアの選び方

肌の悩みや「なりたい肌」は人によって違います。

当然、必要なスキンケアアイテムも違うはず。

今回ご紹介したような5つのアイテム以外にも、スキンケアに便利なものはあります。

乳液や美容クリーム、パックやピーリングジェルなど、ついついたくさんそろえたくなりますよね。

ここぞというアイテムにお金をかけることで、美容の効率もあがりますし、何より節約になります!

エナ
エナ

プチプラも上手に取り入れつつ、ここぞというアイテムにお金を投入しよう!