スキンケア化粧品はバラバラのメーカーでOK!【例外もあります】

別々のスキンケア化粧品でもいい?

スキンケア化粧品を使っていると、

化粧水とか美容液って違うメーカーでそろえても大丈夫なのかな?

って気になることがありますよね。

でも、雑誌などで見かける美容のプロはバラバラの化粧品を使いこなしているイメージがあります。

もか
もか

バラバラでも大丈夫? それともライン使いが正解?

そこで今回は、こんな疑問を解決します。

この記事でわかるこ
  • 化粧水と美容液は違うメーカーでも大丈夫?
  • 違うメーカーを使うときのポイントは?
  • ライン使いした方がいい場合もある?

【結論】スキンケア化粧品はバラバラのメーカーでもOK!

バラバラのメーカーのスキンケア化粧品

成分的に各メーカーで大きく異なるわけではないので、例えば化粧水と乳液が

別のメーカーのものでも問題なし!

  • ライン使いしたいけど、乳液のにおいが好みじゃない
  • 全部そろえるとすごく高くなっちゃうのが嫌
  • 美容液だけは奮発して高いものを使いたい

こんな人は、迷わず好きなスキンケア化粧品を組み合わせて使いましょう!

そもそも化粧品は医薬品ではないので、組み合わせでトラブルが起きることのないよう作られているんです。

それぞれのアイテムと自分の肌との相性がいいのなら、違っていても全然OK。

もか
もか

経済的にもラクだよね。

使う順番が同じなら、好きなメーカーを組み合わせよう

スキンケア化粧品を使う時の順番は、洗顔後の素肌に

  1. 化粧水
  2. 美容液
  3. 乳液
  4. クリーム


のように重ねていくことがほとんど。

使う順番が同じなら、化粧水と美容液が違うメーカーでも全然OK!

乳液や保湿クリームも好みで組み合わせていきましょう。

例外としてライン使いする方がいい場合も。(後でご説明します)

基本的にはそれほど気にする必要はなし。

美容のプロがおすすめする美容液やクリームを単品でプラスするのって、すごくワクワクしますよね。

美白成分で選んだアイテムをプラスする

美白ケア

一年中気をつかいたいのが紫外線ケアです。

美白に力を入れている人も多いもの。

気になる美白成分が含まれたアイテムをいつものスキンケアに取り入れるのもいいですよ。

主な美白有効成分の働きは次の通り。

美白成分特徴
ビタミンC
誘導体
メラニン生成の予防とターンオーバー正常化によるしみの予防が期待される
ハイドロ
キノン
新たなメラニンの生成を防ぎつつ高い美白作用が期待される
アルブチンしみやくすみを予防する効果が期待される
トラネキサム酸しみ部位の炎症を抑える効果が期待される
コウジ酸しみ予防や黄ぐすみにも効果的

例えば「アルブチン」。

肌のターンオーバーを整える成分が入った化粧品と組み合わせて使うと、より透明感のある肌を目指せます。

トラネキサム酸」は、炎症状態にあるメラノサイトを鎮める効果があると言われているので、30代~40代の女性にできやすいしみの予防にもひと役買ってくれます。

私は、頬のシミが気になるので、肝斑にも働きかけてくれるアンプルールの「ハイドロキノン」配合スポット美容液をプラスしています。

美白化粧品についてはこちら

自力でシミを消すための3ステップ【レーザー失敗の次に試したこと】

化粧水をダブル使いする

アヤナス ローション

進化し続けている化粧水ですが、なりたい肌に合わせてダブル使いする方法も人気です。

もちろんブランドやメーカーはバラバラでも大丈夫!

保湿系を重ねづけしてさらにしっとり肌を目指したり、毛穴をキュッと引き締める収れん化粧水をプラスするのもいいですよ。

スキンケア化粧品をライン使いする方がいい場合

スキンケア化粧品をライン使いする方がいい場合

いろいろな化粧品を組み合わせるのはスキンケアの大きな楽しみの一つ。

ただし、スキンケア化粧品をライン使いしたほうがいい場合も!

  1. エイジングケア化粧品
  2. オーガニック化粧品
  3. メーカー独自の順番で使う化粧品

「どうしてもライン使いしないといけない」というわけではありません。

「できればライン使いしたほうが美肌効果をより感じる」ために、この3つのポイントをおさえておきましょう。

1.エイジングケア化粧品はライン使いの方が効果的

スキンケア化粧品

年齢を重ねると気になってくる、しみ・しわ・たるみ・くすみ・乾燥などを総合的にケアできるのがエイジングケア化粧品です。

各メーカーで独自のエイジングケア成分を使っていることも多いのが特徴。

化粧水や美容液、乳液などをライン使いすることによって、エイジングケア成分を肌にのせる回数が増えるので、その分狙った美肌効果が高まるんです!

もか
もか

メーカー独自のエイジングケア成分をできるだけたくさん味わいたい!

例えば、アヤナスという敏感肌専用のエイジングケアコスメ!

チェーンリフティング設計」という、ライン使いすることでお互いの機能を高めあう構造になっています。

香りによるアロマ効果も計算されて開発されているので、同じシリーズでお手入れする方がよりエイジング効果を実感できます。

敏感肌のためのエイジングコスメ

アヤナストライアルレビュー敏感肌を救う「アヤナス」トライアルセットレビュー。ハリ・ツヤは復活した?

2.オーガニック化粧品は同じメーカーがベター

オーガニック化粧品

オーガニック化粧品は肌に優しいというイメージがありますよね。

でも、実際は想像以上に香りがきつかったり、刺激が強いことも。

オーガニック化粧品って?

肥料や農薬などの化学合成成分を使用せずに栽培された有機素材で作られた化粧品のこと。

素材そのものの効能によって、人間が本来持つ自然治癒力を高めながら肌をケアするのが特徴です。

ひと口にオーガニックと言っても、使っている素材によっては、その人の肌と合わない化粧品もあり得ます。

いろいろなブランドのオーガニック化粧品をバラバラに使う場合は、かなり慎重に相性を確かめること!

特に外国製のものは注意が必要です。

リスクがあるのにあえてバラバラで使うよりも、同じメーカー・シリーズでそろえた方が安心。

できれば国産のオーガニック化粧品で肌に優しいものを選ぶのがおすすめです。

国産のオーガニックコスメ

「私史上、最高の肌に出会える」HANAオーガニック 7日間トライアルセット

3.シンプルステップの化粧品はライン使いが〇

新しい「オルビスユー」は40代でも使えるの?!トライアルセット口コミ

スキンケアブランドの中には、独自のラインナップで展開しているものがあります。

例えば、etvos(エトヴォス)の幹細胞コスメセラミディアルは、基本的にローションとクリームの2ステップ。

この2つで肌の再生を促すように設計されています。

最近大人気のオルビスユーも、化粧水と保湿液だけ。

ブースター効果のある洗顔フォームと合わせて使うことで、保湿力を高めていく効果を実感できるよう作られています。

細胞レベルでうるおう新感覚コスメ

オルビスユー トライアルセット保湿しすぎの大人肌をやさしくリセット!【オルビスユー体験レビュー】

こうした独自のコンセプトで作られた化粧品の場合は、洗顔料から保湿剤までライン使いするのが正解

別々のメーカーの化粧水や乳液などを組み合わせるよりも美肌効果は高いですよ!
 

まとめ

スキンケア化粧品は、同じメーカーやブランドでそろえた方がいい場合と、そうでない場合があります。

プチプラ化粧品なども上手に使いこなして、美白美容液に予算をかける場合もあるでしょうし、化粧水だけをちょっと高価なものに変えて保湿の土台づくりをするのもアリ!

自分の肌の状態を見ながら、興味のある化粧品をどんどん試して美肌を目指していきましょう。