ダイエット

春は脂肪燃焼のスイッチをオンしてくれる「豆」で痩せる!

更新日:

春が近づいてくると急に気になるのが「冬の間に太ったかも?!」ということ。
薄着になる前に、身体をスッキリさせたいけど、何から始めればいいのか・・・。

食材を買うときも、「カロリーオフ」や「カロリーカット」などの文字を見るとついチェック!

今回ご紹介するのは、カロリーをオフするのではなく消費する食べ物「豆」についてのお話です。

 

カロリーはオフするのではなく、どんどん消費するべき!

ダイエットしていると、つきものの「オフする」と言う言葉。

✔ 味が薄いけど、オフだからしょうがない
✔ カロリーが高い食べ物はひたすら我慢
✔ 食べる量を減らしてカロリーオフ

といったマイナスなイメージがつきまといます。

発想を変えて痩せる

そこで「オフ」から「消費する」へと発想をチェンジしてみましょう。

消費するといえば、運動も大切。
そして、食事の見直しも欠かせません。

そんな「カロリーを消費する」を可能にする食べ物が、今回ご紹介する「 」なんです。

 

どうして豆で痩せるの?

理由その1 代謝が上がって脂肪燃焼のスイッチが入る!

photo by autunno

photo by autunno

大豆に含まれるたんぱく質の成分「βコングリシニン」のチカラで、内臓脂肪が減少。

黒豆小豆(あずき)に含まれるポリフェノール成分「シアニジン-3-グルコシド」のチカラで、気になるお腹ぽっこりが解消。

そして、すべての豆に含まれるでんぷんの作用で、代謝が上がり脂肪燃焼がスムーズになる

つまり、豆を食べれば 「 脂肪燃焼のスイッチがオンになる! 」というわけなんです。

理由その2 満腹中枢を刺激してカロリーダウン

大豆のたんぱく成分が消化されるときにできる「ペプチド」。
この「ペプチド」は満腹ホルモンの分泌をうながすから、食事の最初に大豆を食べれば、脳が「そんなにお腹空いてないよ~」という信号を出してくれます。

そうすると、一回の食事量が減らせ、食べ過ぎを防いでくれます

理由その3 栄養バランスが抜群!肉の代わりにメインのたんぱく源になる

豆は糖質代謝に役立つ「ビタミンB1」、脂質代謝に役立つ「ビタミンB2」が豊富!
だから、食物から摂ったカロリーを効率よくエネルギーに変えて、脂肪を燃焼させるのに一役買ってくれます。

その他にも、カルシウムなどのミネラルも豊富。
必須アミノ酸も多く、乳製品か穀類と一緒に食べれば完璧なたんぱく源になってくれます。

同じ量のたんぱく質で比較した場合、大豆のカロリーは牛肉肩ロースの38%しかありません。たんぱく源として肉の代わりに豆を食べれば、栄養をバランスよく摂りながら、自然に食事全体のカロリーを抑えられるのです。

理由その4 便通改善や解毒作用で体内からスッキリ!

豆に含まれる食物繊維の量はゴボウより多く、野菜の中でトップクラスなんですよ!
また、食物繊維の一種で有害金属を体外に排出する「フィチン酸」も含むので、デトックス効果も大。

実は、魚などを食べると微量の貴金属が体内に取り込まれます。
直接害はないけれど、これらや老廃物がたまっていくと、代謝を促進する「酵素」のはたらきが鈍くなってしまいます。

結果、肥満の原因になることも!
豆を食べれば、こういった「毒素」を自然に体外に出してくれるから、ダイエット効果もさらにUP。

 

豆でダイエット効果を高めるポイント3つ

一日スプーン2杯の豆を食べる

4237660875_dedb979fcf_z-200x300

どんな豆でもいいので、毎日豆を食べましょう!
そうすればどんどん脂肪が燃える体になります。

日本人はもともと豆を上手に料理に取り入れてきました。
煮豆や豆腐、ぜんざいも立派な豆料理。

おすすめはもどさずに使える豆。
レンズ豆や緑豆など、コロッケやスープなどに入れて手軽に食べられます。

大豆や黒豆など、もどしてから調理するものは週末など時間のあるときにまとめて下ごしらえしておけば、毎日少しづつアレンジして食べられてすごく便利。

肉の代わりにメイン料理として豆を食べる

2794745327_4d1f63a7b6_z-300x200

豆は良質なタンパク源。

大豆は別名「畑の肉」を言われるほどです。
だから十分 肉の代わり を果たしてくれますよ。

しかも肉よりぐ~っと低カロリー

カレーの肉をひよこ豆に変えるだけで、400キロカロリーほど減らすことも可能!

コロッケも肉のかわりにレンズ豆などを使うと大幅にカロリーを減らせますよ。
いつもの料理も新鮮に感じられて一石二鳥!

ご飯やパスタ料理に豆をいれて糖質を減らす

4446864437_1e2215f4e0_z-300x200

白米だけのごはんより、大豆ごはんの方が 糖質 を10gほど減らすことができます。

えんどう豆を使ったパスタも春らしくておすすめです。

和食でも洋食でもエスニック料理でも何にでも合う豆は、料理の幅も広げてくれます。
 

春にこそおすすめの「豆ダイエット」

栄養豊富でヘルシーなのに、いつも脇役な「豆」。

でも、ダイエット効果も美肌効果も期待できる豆は、はずせないお役立ち食材なんです。
種類もた~くさんあるから食べ飽きずに食べられるし、春には豆を食べるってなんだか気分いい(*‘∀‘)

毎日たったスプーン2杯の豆を食べるだけで、春のダイエットは成功に近づく!!!

古くから在来種のお豆(地豆)を数多く扱っている「べにや長谷川商店」さんのレシピ集。
豆の初心者さんから料理好きな人も役に立つ豆の教科書的な一冊です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Facebook

-ダイエット

Copyright© 40代だからできる!肌が綺麗になる方法 , 2018 All Rights Reserved.