肌が綺麗になる読みもの

最高値「SPF50/PA++++」の日焼け止めなら焼けないの?

更新日:

最近の日焼け止めって、SPF50 PA++++という最高値をうたったものが増えた気がしませんか?

「今年こそ絶対に日焼けしたくない!」と思っている人なら迷わず選んでしまいそうですが、「数値が高いとそれだけ肌への負担も大きいのでは? 紫外線は防ぎたいけど、肌荒れの原因になるのは困る。」そんな人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、最新の日焼け止め事情と、エイジングケア世代におすすめの日焼け止めをご紹介したいと思います。

>>エイジングケア世代におすすめの日焼け止め
 

エイジングケア世代が日焼け止めでチェックすべきこととは?

そもそもSPFとPAって何?

日焼け止め

SPFとは紫外線B波を防止する目安の数値

SPFというのは「Sun Protection Factor」の略で、主にUV-B(紫外線B波)の防止効果を表す目安の数値です。

UV-Bは肌の表面で吸収され、日焼けやシミ、そばかすの原因に。簡単に言うと「UV-Bを防いで、肌が赤くなるまでの時間をどれだけ伸ばせるか?」ということを表したものなんです。

よくある間違いが、SPF30だと30時間紫外線を防いでくれる、などというもの。SPF値は、紫外線を浴びた際に皮膚が赤くなるまでの時間を何倍に長く出来るかを表したものなので、誤解のないよう気を付けましょう。

例えば。
紫外線を浴びて20分で肌が赤くなる人の場合、SPF30の日焼け止めをつければ、
20分×30倍=600分=10時間
つまり、10時間までは日焼けするのを抑えてくれるというワケなんです!
 

PAとは紫外線A波を防止する効果の目安

PAというのは「Protection grade of UV-A」の略で、UV-A(紫外線A波)から肌を防御して、肌が黒くなるのを防ぐ効果のこと。

UV-Aは、最も波長が長く、雲や窓ガラスまでも通り抜けて屋内に侵入するので、部屋の中にいるからといって油断できないんです!

しかも、UV-Aは肌の深部にまで到達してしまうため、シミだけでなくシワやたるみなど老化の原因にも。

紫外線を本気でカットするなら「PA」に注目!

紫外線はUV-A・UV-B・UV-Cに分けられますが(UV-Cは今のところオゾン層に守られている)、地上に降り注ぐ紫外線の約95%がUV-Aだと言われています。

室内にも届く強力な紫外線を本気でカットするなら、「PA」に注目していく必要があるんです。

PA値には、「PA+」「PA++」「PA+++」「PA++++」の4段階ありますが、最高値である「PA++++」は2013年の1月から表示が可能となった基準値。基本的に「+」の数が多いほど UV-Aを防止する効果が高まります。

肌の奥まで届いてシミ・しわ・たるみの原因になるUV-Aはなんとしてもカットしたい!

ついSPF値に目が行きがちですが、私たちエイジングケア世代がチェックすべきは、断然PAなんです!

SPF50がいいの? 20でも大丈夫?

さきほど、SPF値は「紫外線を浴びた際に皮膚が赤くなるまでの時間を何倍に長く出来るかを表したもの」とご説明しました。

実は、この紫外線を浴びた際に皮膚が赤くなるまでの時間は、個人差があります!
つまり、10分で赤くなる人もいれば、20分で赤くなる人もいるんです。

大事なのは、数値の高さに安心して油断しないこと。

確かにSPFが50あれば、アウトドアなどではより安心ですし、なかなか日焼け止めを塗りなおせない状況ではすごく心強いですよね。

でも、日焼け止めというのは、どうしても肌への刺激が強いもの。日常であれば、SPF20から30くらいのものをこまめに塗りなおす方がよほど日焼け止め効果は高いですし、肌にも優しいです。
 

UVケアは常に最新版にアップデートすべき!

ロングUV-A、Deep UV-Aも防ぐ日焼け止め

UV-Aは、波長が長いので、肌の奥まで届き、シミやしや、たるみの原因になってしまうのですが(これを光老化と言います)、UV-Aにはさらに短波長UV-A長波長UV-Aがあります。

そして、そのほとんどを占めているのが「ロングUV-A」や「Deep UV-A」と呼ばれる長波長UV-Aで、これこそが、肌の奥まで届き、シミやしわ、たるみといった「光老化」に大きな影響を与えています。

進化した日焼け止めの中には、こうした「ロングUV-A」や「Deep UV-A」をカットしてくれるものもありますし、さらには、ハリや潤いを重視しエイジング効果の高いアイテムも続々登場しています。これからは、光老化のリスクと戦ってくれる進化系UVにも要注目です。

紫外線以外の外敵刺激もブロックする日焼け止め

肌にダメージを与えるのは紫外線だけではありません。

排気ガスやPM2.5などによる空気の汚れ、花粉や黄砂などにも注意が必要。さらに、パソコンやスマホから発せられるブルーライトも肌にダメージを与えることがわかってきています。

私たちの周りには、肌への刺激となるものにあふれているのが現状。

こういった外的な刺激は、活性酸素を過剰に発生させるので、それが原因で、シミや極度の乾燥をまねいてしまうことも。

これからの日焼け止めは、こうした紫外線以外の外的刺激からも肌を守ってくれるものが必須条件になってくるかもしれませんね。

 

エイジング世代におすすめの日焼け止めはこちら

エイジングケアコスメと言えば、ハリを出す美容液やパックなどを思い浮かべますが、

最も重要なエイジングケアこそがUVケア

なんです。

肌の回復力が落ちていくこの世代の肌には、窓ガラスを通り抜け、肌の奥までダメージを与える紫外線の刺激は致命的。何はなくともまずは優秀なUVケアアイテムをおさえておくべきなんです。

昔と違って、重たいテクスチャーのものは減ってきていて、付け心地も重視されたアイテムが続々登場しています。紫外線カットの数値も大切ですが、肌への相性も重要なポイント。種類も豊富なので、これから数年先の肌で後悔しないためにも、自分に合った日焼け止めを上手に取り入れていきたいものです。

そこで、最高値である「SPF50/PA++++」の日焼け止めの中から、肌に優しいおすすめのものをいくつかご紹介します。

優しい処方で美肌を守りつつ、しっかり紫外線ケアをしてくれる最強の日焼け止めを選んでみました。ぜひ参考にしてみてくださいね。
 

POLA ポーラ 「B.A ザ プロテクターS」

SPF50/PA++++
45g(約3カ月分)¥11,880

公式サイト日中用エイジングクリーム【B.A プロテクター】

紫外線はもちろん、肌のハリ感や弾力感に関わる「近赤外線」にも深く着目した近未来的な日焼け止め。

紫外線は浴びた直後の影響が大きいけれど、近赤外線はじわじわと時間をかけて、肌の深くまで影響をおよぼします。紫外線や乾燥、汚れた外気から大人女性の肌を守ってくれるポーラのザ・プロテクターSは、老化の速度を遅くしてくれるエイジングケア世代の救世主的存在かも。

管理人
透けるように密着するテクスチャーで、付け心地は極上のもの。ヴェールが肌の潤いも守ってくれるから、日中のエイジングケアは万全です。




 

コーセープロビジョン 「米肌(まいはだ)澄肌CCクリーム」

SPF50+/PA++++
(※ SPF50+はSPF50より高い効果を表しています。これが現在の実質的な最高値になります。)
30ml 3,500円

公式サイト毛穴レス&テカリ知らず肌をひと塗りでカバー!KOSE米肌【澄肌CCクリーム】

1本でクリーム・日やけ止め・化粧下地・ファンデーション・フェイスパウダーの5つの役割を果たすCCクリームです。紫外線から肌をまもり、毛穴の目立たない美しく澄んだ肌をキープ。パウダー効果もあるので、一日中サラサラな肌が続きます。

管理人
肌色と、やや明るい肌色の2色あるので、ファンデーションとして使えてすごく便利! この上から日焼け止めパウダーをつければ、最強の組み合わせです。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Facebook

-肌が綺麗になる読みもの
-,

Copyright© 40代だからできる!肌が綺麗になる方法 , 2018 All Rights Reserved.