冬に食べると肌がきれいになる食べ物とは?

冬に食べると肌がきれいになる食べ物とは?

透明感のある美しい肌 を作るには、きちんと栄養のある食事を摂ることが大切✨

秋から冬に移っていきますが、空気が乾燥することで肌はうるおいを失いやすく、保湿ケアが欠かせない季節になります。

乾燥すると同時に体温が下がって代謝が悪くなるために、肌がくすんだりツヤがなくなったりもするんです。

そこで今回は、「乾燥を防ぎながら透明感を保つ」のに役立つ冬の食材をご紹介します。

「乾燥」を防ぎながら「透明感」を保つ冬の食材を摂りましょう

冬にはどんな食材を摂るといいの?

外は寒い北風が体や肌を冷やし、室内では暖房のせいで肌も体も乾燥ぎみ💧

そんな冬に摂るべき食材はどんなものなのでしょう。

抑えておくべきポイントは次の3つ。

美肌に役立つ食材とは?

  1. 体を温めて血行をよくする(代謝を高める)食材
  2. 抵抗力を高める食材
  3. 抗酸化作用を高めてアンチエイジングしてくれる食材

美肌のためだけではなく健康のためにも必要なのが、抵抗力を高めてくれる食材を使った食事を摂ること。

そしてこれらを簡単に叶えてくれるのが、季節ごとに多く出回る旬の食材です。

旬の食材は、その季節に起きやすい体の不調を予防したり改善してくれる効果があります。

ちょっと不思議ですが、夏には夏の、冬には冬の食材を摂ることで人間は体を整えてきたんですね。

旬の食材は栄養価も高いだけではなく、安く手に入ってしかも美味しい!

スーパーに行くといつでも手に入る野菜や果物があって、それが当たり前になってしまっているけれど、旬ではない季節に出回っているということは、当然栄養価も味わいも本来のものとは違います。

冬に手に入る「旬」な食材を知っておきましょう

冬に手に入る「旬」な食材を知っておきましょう

「冬が旬な食材」っていくつ思い浮かびますか?

ホウレン草、大根、白菜、カキ、ブリ、カニ、りんご、みかんなどでしょうか。

よく見ると、の具材に良さそうなものや、手軽に食べられる果物が並んでいますね!

難しく考えなくても、こういった食材を入れた野菜スープ果物ジュースなどを作って食べたり飲んだりすれば、それが美肌につながるということなんです。

 

「乾燥」対策や「透明感」アップに役立つ”冬”の食材

「乾燥」対策や「透明感」アップに役立つ食材をいくつかご紹介しますね!

乾燥・しわ・しみに効く「ビタミンE」を含んだ食材

たらこ・大根(葉)・ホウレン草・きんかん

ビタミンEは別名「若返りビタミン」! 

血行をよくしたり、血液をサラサラにして、体のサビである活性酸素の発生を防いだりもします。

肌の生まれ変わりに必要なエネルギーを運ぶ血流をよくしてくれるから、まさに美肌づくりの王道です。

逆にビタミンEが不足すると、肌がくすむ原因にも。

特にたらこに多く含まれているので、コンビニで買うなら迷わず「たらこおにぎり」にしましょう😀 海苔をまけばビタミンEも摂れて一石二鳥です。

コラーゲンの生成にも効く「ビタミンC」を含んだ食材

小松菜・大根・ゆず・みかん・いちご

「シミに効くのはビタミンC」というのは有名ですが、実は肌のハリとつやの源であるコラーゲンを作るのに欠かせないのが、このビタミンCなんです。

ビタミンEと効果を高めあうことがわかっているので、同時に摂るとベスト。

ゆずに含まれるビタミンCはレモンの3倍なので、ゆず茶もおすすめ。

ビタミンCが壊れないように摂るコツは、そのまま生で食べること。

小松菜はジューサーでスムージーを作る時に入れてみて。クセがないので全然青臭くないし、美味しくたっぷりのビタミンCが摂れます。

抵抗力を高める「ベータカロテン」「レチノール」を含んだ食材

ねぎ・にんじん・春菊(・レバー・鶏肉)

植物性ならベータカロテン、動物性ならレチノール。どちらもビタミンAのことです。

これらは体の抵抗力を高めて、皮膚や粘膜を強くする働きがあるから寒い冬の空気にも負けない丈夫な肌には欠かせません!

にんじんの旬が冬だと知らない人も多いのですが、寒い時期に収穫されたものは甘みが増し栄養価も高いんです。

冬限定ではないけど、レバーなどは抵抗力を高めるのにかなり効果的。苦手な人もたまには食べてみましょう。

食物繊維をたくさん摂れる食材

  • 水溶性食物繊維:りんご・みかん・大根・山芋
  • 不溶性食物繊維:里芋・小豆(あずき)・切干大根(乾燥)
  • ※ どちらも含むもの:ごぼう

食物繊維を食べると便通がよくなり、腸がキレイになります。

腸の中をキレイにしておくことで、腸は最高の働きをしてくれるようになり、質のいい栄養をたっぷりと吸収して肌の生まれ変わりを助けてくれるんです。

ただし、この食物繊維の摂り方に思わぬ落とし穴が・・。

あまり知られていませんが、食物繊維には「水に溶ける食物繊維」と「水に溶けない食物繊維」の2種類があって、両方の食物繊維をバランスよく食べないと整腸効果が薄くなってしまうんです。

それぞれ効能が違うので、不溶性:水溶性=2:1のバランスで摂るのが理想的。「食物繊維を摂ってるけど便秘が解消されない」なんて人は一度見直してみましょう。

アンチエイジングに効く食材

  • レンコン
    トマトの10倍以上の抗酸化作用!カテキンやビタミンC、カリウムも豊富で、まさにアンチエイジングの救世主的食材。
  • 生姜
    ショウガに含まれるショウガオールは、血行を促進し代謝を高め、肥満の予防や生活習慣病の予防にも役立ちます。
  • ニンジン
    カロチンやビタミン類、ミネラルがたっぷり。また、リグニンが腸管内の毒素の排出も促します。

ここで言うアンチエイジングとは、年齢とともに体が「さびつく」のを防いでくれる = 抗酸化作用がある、という意味。

鉄と同じで体もさびつくので、これを改善するには食事の摂り方が重要な鍵を握ります。

特に美肌に必要な抗酸化物質を含む食材は、40代の女性なら意識して摂るべき✨

おすすめはダントツでレンコン!

血圧や血糖値などの改善にも役立つし、体内の余分な塩分を排出するデトックス効果も大。冬のアンチエイジングにはぜひレンコンを食べましょう。

 

冬の美肌食材 上手な食べ方は?

ポトフ

基本的には、せっかく含まれた豊富な栄養素を壊さないように食べるのがポイント。

具体的には、切らない、炒めない、洗うだけの調理がいいけれど、そういう訳にもいきませんよね(笑)

そこで、なるべく生で食べられる野菜や果物は皮ごといただき、生では食べられない野菜は低温で蒸したりさっと軽く炒めたりすることで、野菜のうまみや栄養素、水分を壊しにくくなります。

私は冬になると毎朝、小松菜やリンゴなどをベースにしたスムージーを飲んでいますが、お通じもよくなるしデトックス効果もあって気に入っています。

夜はスープやポトフを作ることが多いのですが、ポトフは野菜をゴロゴロ入れて作るので食べごたえもあってダイエット中にもおすすめ。

化粧品によるスキンケアももちろん大切だけど、体の中からも美肌づくりが出来たら冬の肌は無敵です!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で