肌が綺麗になる読みもの

40代のスキンケアでやってしまいがちな2つの間違いとは?

更新日:

40代に入ると、肌にはいろいろな悩みが増えてきますよね。

シミが増えたり、しわが気になったり、ファンデーションのノリがわるい、くすみがとれないなどなど、数えたらキリがありません💦

以前、肌荒れがひどくてしばらくメイクができなかった時期があったのですが、皮膚科のアドバイス通りスキンケアの方法をがらりと変えたことがきっかけで、メイクも楽しめるまでに改善しました。

今回は、その方法についてご紹介しようと思います。
 

40代のスキンケアでやってしまいがちな間違いとは

若いころはコスパのいいスキンケア化粧品を使っていた人も、美容に予算をかけ始めるのが40代。

日ごろ頑張っている自分へのご褒美もかねて、えいやっと高い化粧品を買いそろえてみたり、スキンケアに時間をかけてみたり。

そんな40代女性がついやってしまいがちなお手入れが、「洗いすぎ」と「与えすぎ」なケアなんです。

洗いすぎてしまう

40代のスキンケアでやってしまいがちな2つの間違いとは?

40代で感じる肌悩みのうち、しみやくすみ、毛穴の汚れって、「とにかく洗わないと」って思ってしまう種類の悩みですよね。

洗顔料だけではなくクレンジングやピーリングなども含め、肌の余分なものを取り除きたいあまり、頑張って洗いすぎてしまっている人が多いんだそう。

でも、洗いすぎは40代の肌には大敵!

年齢を重ねた肌は、バリア機能が低下している状態。若いころなら、天然の皮脂が外からの刺激(紫外線やホコリなど)から肌を守ってくれたのですが、私たちの肌はそのバリアも薄く弱くなっているんです。

さらに、肌の中でうるおいを保ってくれるセラミドなども減っているので、肌のうるおいを取り去るような洗いすぎケアはすぐにやめるべき。

洗顔方法を見直したり、クレンジングも低刺激なものに変えるといいかもしれません。

私はもっと思い切った方法を試しましたので、それは後ほどご紹介しますね。

与えすぎてしまう

40代のスキンケアでやってしまいがちな2つの間違いとは?

きれいな肌の条件は、適度な水分と油分をバランスよく保っていること。

更年期に入ると、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌に変化があるなど、今までのように自然にきれいな肌をキープするのが難しくなります。

そこで、それを補うために高保湿な化粧品を使うようになっていきます。

確かに美容雑誌を見ても、化粧品のCMでも「保湿保湿!」とあおられている私たち。意味もなく”高保湿”っていう言葉に弱かったりしませんか?

でも、この「保湿しずぎ」こそが、40代の人がやりがちな、お手入れの落とし穴なんです。

肌の調子が悪かったころの私は、高保湿化粧品をぎゅうぎゅうと肌に詰め込んだ状態。知らず知らずのうちに力が入りすぎ、刺激を与えてしまっていたようです。

たくさん保湿を重ねた肌にさらに保湿力の高いファンデーションをかぶせているので、落とすのも一苦労。強力なクレンジングをたっぷり使って、一生懸命落としていました。

その結果、肌に負担がかかり、乾燥がひどくなるという逆の結果になってしまったんです。

 

私が「健康な肌」に戻した方法とは?

間違ったケアに気づいたきっかけは「クマ」

肌の調子がなんとなく悪くなって、最初に気づいたのが、目の下のクマが濃くなったこと。

以前からうっすらと茶色い影はあったのですが、それがビックリするほど目立つようになってしまいました💦

クマと肌は直接関係ないと思うかもしれませんが、これこそが「間違ったケア」のサインだったんです。

コンシーラーを使っても、カバー力の高いファンデーションを重ねても、くっきりと暗いクマが現れて、困り果てて皮膚科を受診しました。

そこで指摘されたのが、まさに「洗いすぎ」「与えすぎ」な、間違ったお手入れ方法でした。目のまわりの皮膚はすごく薄くデリケートなので、影響が強く表れたみたいです。

3週間を目安にお手入れ方法を変えてみることを提案されて、半信半疑ながらも実行してみたのが次の2つの方法です。

step1 朝、洗顔料で洗うのをやめる

一番不安だったのがこれ。

それまでしっかり泡立てた洗顔料で洗っていた私が、それをやめるなんて!

ぬるま湯で軽く洗うだけ、もしくは、蒸しタオルで拭き取るだけにしたのですが、最初の何日かは汚れが落ちてない気がして、このままメイクしてもいいのかな・・と不安で仕方なかったです。

必要な皮脂を肌に残すためだと言い聞かせて、3週間を過ごしました。

ぬるま湯で流した後は皮膚科で処方された保湿クリームを少しつけるだけ。

そのあとにNov(ノブ)の日焼け止めを丁寧につけました。こちらも皮膚科ですすめられたものです。

step2 石けんで落とせるファンデーションに代える

ファンデーションは使いたかったので、石けんで落とせるエトヴォスのミネラルファンデーションをパフで軽くつけて、ベースメイクはおしまい。

夜はダブル洗顔のいらないクレンジングで簡単に落とすだけでした。

皮膚科の先生に特に気を付けるように言われたのは、とにかく力を入れないこと。

私のように保湿しすぎの人は、無意識に力を入れすぎて、肌をこすりすぎているそう。皮膚の薄い目元は特に軽くと念を押されました。

 

足しすぎない、引き算の美容法も試してみよう

シンプルすぎるほどシンプルなスキンケアを3週間続けると、不思議なくらい肌の調子がよくなっていきました。

一番変わったのが、肌の手触り!

ざらつきがなくなって、なめらかな感触に変わっていったんです。

更年期は特に注意が必要

40代の女性は、更年期という心身ともに変化の大きい時期を過ごしています。更年期に起こる肌荒れは、女性ホルモンと深い関係があります。

年齢を重ねると、どうしても女性ホルモンの分泌量が減って、肌のハリや保水力が落ちてきてしまうもの。

そこでつい与えすぎなケアをしてしまうのですが、保湿すればいいというものではなく、肌の様子を見ながら調節する必要があるんです。

肌の不調を感じたらシンプルなケアに変える

今回ご紹介した私ような例は、他の人にも当てはまるのでは?と思っています。

肌の調子が悪いな、と感じたら、ひとまずシンプルで与えすぎないケアに代えて様子を見ましょう。

いきなりスキンケア化粧品を全部変えたり、高価な化粧品をプラスする前に、まずは引き算の美容法を試してみてください。

これならお金もかかりませんし、意外な発見があるかもしれませんよ!

肌が不調なときはシンプルな2アイテムで立て直す!

最近なんだか肌が不調(*´Д`)。 美白ケアやエイジングケアをしたいのに、メイクのノリも悪いし、荒れてカサカサ・・・。 ...

続きを見る

生活習慣も見直しましょう

肌のケアと同時に、睡眠や食事、運動を意識することも大切です。

何かと忙しい40代ですが、こういうベースの部分を今見直せば、10年後20年後の肌や体が変わってくることは間違いありません。
 

40代のスキンケアでやってしまいがちな間違いとは? まとめ

「洗いすぎ」「与えすぎ」だったスキンケアを見直すことで、私の肌は劇的に変わりました。

足すんじゃなくて引けばよかったんだ!と気づいたことは、かなり大きな発見💡

現在は、エイジングケアも美白も取り入れていますが、季節の変わり目などに肌の不調を感じると、すぐシンプルなスキンケアに変えます。

管理人
きちんとスキンケアをしているけど肌が荒れる、という人は一度試してみてくださいね!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Facebook

-肌が綺麗になる読みもの

Copyright© 40代だからできる!肌が綺麗になる方法 , 2018 All Rights Reserved.