4,500円が数量限定500円!オールインワン・セラム季乃彩(トキノイロドリ)

tokinoirodori.com

tokinoirodori.com

本製品(4,500円)がたったの500円でお試しできるオドロキのキャンペーンを見つけてしまいました!

化粧品のトライアルセットは量が少なくて、効果がよくわからない(*´Д`)なんてこともありますが、こちらの 季乃彩(トキノイロドリ) ならそんな心配はなし!

だってお試しサイズではなく、本品そのまま80g(約2か月分)が500円で試せるんですよ。しかも送料無料!Σ(゚Д゚)
 

オールインワン・セラム季乃彩(トキノイロドリ)とは?

オールインワンゲルの進化形セラム

季乃彩(トキノイロドリ)は、「これまでのオールインワンゲルじゃ物足りない」という声をうけて、その進化形である「オールインワンセラム」として誕生。

オールインワン化粧品って、それひとつで化粧水、クリーム、美容液など、何役にもなる便利なアイテムですよね。でも、「潤いが足りない」「値段が高すぎる」などの不満もよく聞かれます。

そこで、季乃彩(トキノイロドリ)は、皮膚と同じ性質のセラムに着目!
通常の化粧水やゲルと違い、肌の細胞間脂質と同じ「ラメラ構造」のセラムは、浸透力が高く、美容成分を含んだ水分と油分を奥まで届けてくれるのです。

だからこそ、肌の奥からうるおい溢れ、ハリ・ツヤのある健康的な肌に導いてくれます。
これは独自の液晶乳化技術だからできること。

ゲルじゃなくてセラム?

tokinoirodori.com

tokinoirodori

ゲル化粧品は、ゼリーのようなプルプルとした弾力のあるもののこと。天然のゲル成分は、私たちの肌細胞のメカニズムと似ていることから化粧品として応用されたものが人気となりました。

季乃彩(トキノイロドリ)に使われているセラム(serum)とは、医学用語では「血清」のこと。血清には、皮膚の細胞が再生することを促す働きがあって、それを美容液として開発された化粧品をセラムと呼んでいます。

オールインワンと聞くとゲルを思い浮かべますが、セラムはさらに美容液としての役割が強いんです。
皮膚の新陳代謝を促すのはもちろん、保水性、保湿性を高める成分や、美白効果を高める成分が配合されていることから、より高いアンチエイジングケア効果が期待できそう。

それにしても・・500円って安すぎない?

正直500円では大赤字とのこと。でも、できるだけたくさんの人に試してほしい、という強い思いからワンコイン価格での販売に踏み切ったそう。

こんなことができるのは、それだけ商品に自信があるからこそなのでは、と思いました。じっくり試して良さを実感してほしいという企業理念も感じられてますます好感度アップ!

レフィルがあるから容器代は一度きり!

私がすごくいいなと思ったのはコレ!
化粧品って、パッケージやボトルにもお金をかけていて、使い終わった後捨ててしまうのはちょっともったいないな、と思っていました。季乃彩(ときのいろどり)は、最初だけ容器付きの本品を購入する必要がありますが、2回目以降はレフィルがあるんです。
レフィルといってもパウチごと入れ代えればいいので、手が汚れたり面倒な作業は必要なし。

tokinoirodori

tokinoirodori

つまり、500円で購入できるキャンペーンを利用すれば、2回目以降はレフィルを購入すればいいので、すごくお得なんです♪
レフィルなら2カ月分入って3,500円(税抜)ですし、定期購入なら25%オフで1か月たったの1,312円というコスパのよさです。

こんなに安くていいの?と不思議ですが、一番コストをかけたのは”中身”だから、と聞いて納得。
化粧品をつくるには、技術開発や容器、広告費や人件費など様々なコストがかかります。季乃彩(ときのいろどり)は、肌にとって大切な中身に一番コストをかけ、広告や華美な容器に過剰なコストをかけるのをやめたそう。

オールインワンの手軽さはそのまま

もちろん洗顔後はこれだけでOKなので、時間のない朝や疲れている日のお風呂上りにもすごく便利♪

「化粧水」「乳液」「クリーム」「美容液」「パック」「化粧下地」「美白」の機能がこれ1本に詰まっているから、数秒でしっかり潤うのが嬉しい!

幅広い年代の女性に向けて作られていますが、エイジングケア成分や保湿成分がたっぷり配合されてるので、40代の女性にぴったり!
香りは、ラベンダーなどの天然アロマのやさしい香り。天然ミネラル鉱石の一種など、40種類の天然美容成分が贅沢に高配合されています。

詳しい成分についてはこちら >> 季乃彩(トキノイロドリ)

4,500円の本品が500円(税抜き)のキャンペーンは数量限定ですので、気になる方は早めにチェックしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で