老け顔を作る「ほうれい線」を薄くする方法とは?

ほうれい線対策
ほうれい線は内側からケアしないと消えません!

ほうれい線に悩む人は30歳ごろからグンと増えてきます。

なんだか一気に老け顔になるようで、ほんと嫌になりますよね(;´Д`)。

「ほうれい線をなんとかしたい!」とヒアルロン酸やセラミド配合の高保湿クリームなどをせっせと塗っても、なんだか思ったような効果を感じられない、なんてことありませんか?

moka
実は、ほうれい線は肌の内側からケアしないと消えないんです!

ただし、最近は肌のハリを出す化粧品も充実していますし、体の内側からケアすることも可能。今すぐ対策することで、手ごわいほうれい線も徐々に薄くなります。

今回は、ほうれい線を改善するためにできる対策をいくつかご紹介します。
 

老け顔を作る「ほうれい線」を消すには?

まずは、ほうれい線ができる理由を知るところから。

そのうえで、効果的にほうれい線を目立たなくする方法をご紹介しますね!

ほうれい線ができる理由

年齢を重ねると口元にほうれい線が目立ち始める原因として、「年齢とともに筋肉がたるむ」「乾燥」「紫外線によるコラーゲンの減少」などがあります。

コラーゲンの減少(たるみ)

特に、肌の弾力を保つコラーゲンが減ってしまうことは、ほうれい線の大きな原因のひとつ。

減ってしまったコラーゲンを補うケアと同時に、顔の筋肉をきたえるエクササイズをしたり、こまめに日焼け止めを塗ってこれ以上ほうれい線が深くならないようにすることも必要です。

ほうれい線対策といえば「コラーゲン&ヒアルロン酸」が定番だけど?

ほうれい線対策としてよく使われるのが、「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」をたっぷり配合した美容液やクリームを使う方法ですよね。

POINT

コラーゲンとヒアルロン酸とは

コラーゲンとはタンパク質の一種で、カラダ全体のタンパク質のおよそ1/3を占め、細胞と細胞をつなぎとめるカラダの土台とも言える成分。また、真皮部分の約70%を占めています。

ヒアルロン酸はもともと人の体内に存在する成分で、特に水分を保持する能力(保水力)にすぐれた物質。細胞と細胞との間に多く存在しており、水分の保水力保持やクッションのような役割で細胞を守っています。

どちらも、肌のハリうるおいをキープするのに欠かせないもの。

だからこそ、美容業界もこの2つをほうれい線対策などに使おうと目をつけたんですね。

でもいくら肌のハリに必要なものだからといって、ヒアルロン酸やコラーゲン入りの美容液を表面から塗っただけでほうれい線は消えるのでしょうか?

ほうれい線はコラーゲンを塗っただけじゃ消えない?!

実は、コラーゲンやヒアルロン酸が配合されている美容液を直接肌に塗っても、

皮膚から吸収されて補給されるわけではない

んです!

コラーゲンやヒアルロン酸は分子のサイズが大きすぎて、そもそも肌に浸透しにくいもの。

それを表面にだけ塗ってもとても肌の奥にまで行き届くことは不可能なんです💦

ヒアルロン酸に関しては肌に浸透しやすいように低分子のものも開発されていますが、浸透しやすい分、蒸発も早いので、使い方をきちんと押さえておかないと効果は薄いのです。

ほうれい線はクリニックで治療するしかないの?!

ひとつの方法として、クリニックなどで深くなったほうれい線にヒアルロン酸注入の治療を受ける場合もあります。

問題は効果が続くのが期間限定だということ💧

さらに、技術的な未熟さから起きる副作用の心配もあるため信頼のおけるクリニックに出会うことが成功の秘訣といえます。

ほうれい線は気になるけど、副作用などを知るとリスクも気になります。

そこで、外科的な方法をとるまえに一度試してほしいのが、美容原液やコラーゲンドリンクによるほうれい線対策です。
 

ほうれい線を目立たなくする方法とは?

表面からアプローチするだけではなく、肌の内側から持ち上げてほうれい線を消すという方法が最も効果的✨

おすすめの方法は次の3つ。

  1. 美容原液でハリを作る細胞を活性化
  2. コラーゲンドリンクやサプリで体の内側から補充
  3. ハリアップ成分入りの美容クリームを使う

ほうれい線を目立たなくするには、肌に本来備わっている「ハリを作り出す細胞」を活性化させることが必要です。

3つの方法で、肌の内側からハリや弾力を取り戻しほうれい線を薄くしていきます。

ほうれい線を目立たなくしてくれる美容原液とは?

美容原液は、限りなく原材料のまま作られた美容液のことです。

通常の美容液はいろいろな成分が入っていますが、美容原液は「プラセンタ原液」や「プロテオグリカン原液」などのように原液がメインの成分。

原液以外は水や防腐剤しか入っていないというシンプルなものなんです。

いろいろな美容原液があるのですが、効果が必要なところにピンポイントに効いてくれるので、気になる肌の状態に合わせて試してみるのをおすすめします😀

私が使ってみて、ほうれい線などの深いしわに効果を感じたのが、フラコラの原液シリーズ

重ねづけもOKなので、いつもの化粧水の前にプラセンタエキス原液プロテオグリガン原液ダブル使いすることもあります。

さらりとしているのに、プリッと内側から押し返すようなハリが出るからすごくお気に入りです。

15日間試せるサイズ(980円)もあるし、本製品もそんなに高くないので気軽に使えます。

公式サイト思わず触れたくなる透明肌へ。プラセンタ100原液。

公式サイトわき上がるようなハリ、しっとりぷるぷる肌体験♪【LIFTest プロテオグリカン原液/お試しサイズ980円】

コラーゲンドリンクやサプリでさらに効果アップ

早くハリを実感したいという場合は、コラーゲンドリンクなども効果大。

コラーゲンは苦いものが多いので苦手な人も多いのですが、私が唯一続いているのがアスタリフトのコラーゲンドリンクです。

量も少なめで(凝縮させているから)すごく甘いので、美味しく飲めて〇。

わりとすぐ効果を感じられるのもお気に入りの理由です。

アスタリフトのコラーゲンドリンクは少なめの量で肌がぷりっ!

2016.03.21

コラーゲンやプラセンタのサプリメントを取り入れるのもいいですよね。

コラーゲンドリンクは苦いから飲めない人も、小さな粒を飲むだけだから無理なく続けられます。

質がよくコスパのいいサプリを選んで、内側からふっくらモチモチした肌を手に入れましょう。

プラセンタならこれ!フラコラのサプリメントでプルプル肌をかなえよう

2014.10.21

保湿クリームもあなどれません!

最近の美容クリームはどんどん進化していて、以前のように油分のフタをするだけという役割だけではなく、肌の内側に働きかけてくれるものが増えています。

べた付くのが嫌でクリームをつけない人もいますが、40代を過ぎたら絶対必要なアイテムなので、ぜひつけるようにしましょう。

翌朝の肌の変化を実感できるようなクリームに出会えたら、かなり心強い味方になりますよ。

ほうれい線に効果的!おすすめ美容液&クリームBEST5

2014.09.17

 

老け顔を作る「ほうれい線」を薄くする方法とは? まとめ

ほうれい線対策

肌の内側からハリを出してほうれい線を薄くする方法をご紹介してきました。

一度できてしまった深いしわはなかなか手ごわいですが、今すぐに対策を始めることで5年後10年後の肌が確実に変わってくるはず✨

スキンケア化粧品も進化し続けているので、じっくりと取り組んでいきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で