今すぐ始めよう!40代から始める肌のたるみ対策とは?

今すぐ始めよう!40代から始める肌のたるみ対策とは?

最近鏡を見るたびに気になるのが、肌のたるみ

moka
認めたくはないけど、確かにたるんできてる💧

40代になってから特に目立つようになるのが、目元の皮膚のたるみやほうれい線など口元のしわです。

いつのまにか二重アゴになってる!
フェイスラインが下がってほうれい線もくっきりしてきたかも

気づいた瞬間ってかなりショック。

慌ててマッサージをしたりクリームを塗り込んだりしても、いまいち効果が実感できないんですよね・・。

今回は、気づいたらすぐ始めたい40代からのたるみ対策をご紹介します。
 

40代になるとどうして肌がたるんでくるの?

「早くなんとかしたいけれど、何から手を付けたらいいのかわからないし、かといってエステに行くのは時間もお金もかかる・・・。」

そんな人は多いのではないでしょうか。

「たるみ」対策をする前に、まずはたるみの原因をきちんと知っておきましょう。

たるみの原因1.紫外線によるダメージ

一番の原因は何といっても日焼け。

若い頃にUVケアをサボっていた人ほど肌が受けた日焼けのダメージは深刻で、深いしわやたるみの原因となっているんです。

紫外線による肌へのダメージ図

紫外線にはA波(UV-A)とB波(UV-B)があり、しわやたるみの原因になるのが肌の深部まで届いてしまうA波(UV-A)です。

なんと、地上に降り注ぐ紫外線の約95%がUV-Aだとも言われているんです!

雲や窓ガラスまでも通り抜けて屋内に侵入するので、部屋の中にいるからといって油断できないこわい紫外線なんです。

たるみの原因2.コラーゲンの減少や筋肉の衰え

肌内部のコラーゲンが少なくなったり、顔の筋肉が衰えてしまうこともたるみの原因です。

コラーゲンの減少(たるみ)

コラーゲンは、肌の土台ともいうべき真皮の大半を占めるもの。

エラスチンという弾力繊維と絡み合うように肌の内部でハリや弾力を保っています。

コラーゲンやエラスチンは年齢とともに減ってしまいますし、紫外線やストレスによっても破壊されるので、肌の内側ではスプリングの緩んだベッドのような状態に💧

また、顔の筋肉がコラーゲンやエラスチンを支えているので、年齢とともに筋肉が衰えることでさらに肌のハリが失われてしまいます。

 

40代からでも大丈夫!肌のたるみを改善する方法とは?

一度たるんでしまったらもう元にもどせない?

一般的に、深いしわやたるみは外側からのケアでは改善しないと言われています。

ただ、最近では細胞レベルで肌の生まれ変わりをうながす化粧品や、独自の成分でハリをアップさせてくれる化粧品も充実してきました✨

女性の脂肪は動きやすい流動脂肪。顔の脂肪だって同じです。

流れやすく崩れやすいのできちんとケアしないとフェイスラインがぼんやりしてきてしまいますが、逆に言えばケアの方法によっては改善する余地があるということ!

方法その1.体の内側からハリと弾力をサポートする

「急いで肌のハリを取り戻したい」というときに頼りになるのが、コラーゲンドリンクサプリメントです。

効果を実感するためには、できるだけ低分子化されたものを選ぶことがポイント。分子が小さいほど体への吸収がよくなるからです。

コラーゲンは苦いものが多いので苦手な人はサプリメントの方がいいかも。

moka
私は数年前からコラーゲンドリンクを愛用中。イベントの10日前くらいから飲むと、つやとハリが出てくるので手放せません✨
アスタリフトピュアコラーゲン10000

アスタリフトのコラーゲンドリンクは少なめの量で肌がぷりっ!

2016年3月21日

ハリを取り戻すスキンケア化粧品を使う

ハリを出すスキンケア化粧品はたくさんありますが、私が一番たるみが改善したと実感できたのが「幹細胞コスメ」と言われるもの。

細胞レベルで肌の生まれ変わりをうながすから、肌が劇的に変化すると話題なんです✨

とろみのある化粧水が多いので肌への密着度が高く、好みは分かれるかもしれませんが私は大好き! クリームを重ねづけすれば一枚皮膚が増えたようにプリッとハリが出てきます。

【しわ対策】肌が生まれ変わる植物由来の幹細胞コスメ2つ

2018年4月26日

もうひとつおすすめなのが、「たるみ」にピンポイントで効く美容液やクリームを使うこと!

クリーム自体を使わない人もいますが、年齢肌には欠かせないアイテムです。

ハリを実感できるクリームは、エイジング用化粧品の中に優秀なものが多いと思います。

各メーカーごとにハリアップ成分が違うので、香りや使い心地が好きなものを選んでじっくり使っていきましょう。

アヤナストライアルレビュー

ハリ・ツヤ復活!40代の敏感肌を救う「アヤナス」を使った感想は?

2019年4月25日
POINT

たるみ改善には”指使い”がポイント!

毎日の基礎化粧品を使うときにマッサージ効果を意識すると効果があります✨ 基本は指を内から外になじませるように、力を入れず軽く動かすこと。

特に大切なのが化粧水をつけるとき。パシャパシャつけるのではなく、指全体を使って筋肉を刺激するようにするだけでハリ感がぐっとアップします。

 

5年後の肌に差が出る!たるみを予防する方法とは

できてしまった「たるみ」対策と同時に力を入れたいのが、これからできる「たるみ」をしっかり予防すること!

有効なのは、間違いなく紫外線の徹底的なブロックです。

紫外線A波を徹底的にブロックする

肌の奥まで届いて「しわ」や「たるみ」の原因になる紫外線A波(UV-A)はなんとしてもカットしたいもの!

そこで重要なのが日焼け止めの選び方

例えば、「SPF50/PA++++」などのように表示されていますが、数字の大きな日焼け止めならいいと思っている人が多いです。

SPFは、主に紫外線B波(UV-B)の防止効果を表す目安の数値で、PAは紫外線A波(UV-A)から肌を防御する効果のこと。

たるみを予防するためには、PAのうしろについた「+」が多いものを選ぶ必要があります。

POINT

PA値には、「PA+」「PA++」「PA+++」「PA++++」の4段階あり、最高値は「PA++++」。基本的に「+」の数が多いほどUV-Aを防止する効果が高まります。

▼日焼け止めの選び方はこちら。

日焼け止めの選び方

エイジング世代が選ぶ!最高値「SPF50/PA++++」の日焼け止め

2015年6月13日

顔の筋肉を鍛える

顔の筋力が落ちたと実感するのは、口角が下がったことに気づいたときが多いかも。

表情をつくっている表情筋も放っておけば、重力に逆らえなくなってどんどん下がってしまいます。

表情豊かな人は、表情筋もしっかり動いているから知らず知らずに筋力を鍛えているもの。

筋力は使っていないと衰えてしまうものだから、日頃から意識的に表情筋を鍛えると効果的です。

ほうれい線が気になるときに効果的なのが口輪筋を鍛えること。

口をすぼめて戻す、を繰り返したり、舌を口の中で上下左右に大きく動かすなどして口の周りの筋肉をトレーニングするといいですよ。

簡単なので、スキンケアの仕上げに習慣化するといいかも😀
 

ハリのあるプルンとした弾力肌なら-10歳肌も夢じゃない

「たるみ」は、30歳を過ぎると途端に多くなる悩みのひとつです。40代ともなればさらに深刻💦

気づいたときには既に目に見えてたるんでいて、かなり焦ってしまいますよね。

でも、大丈夫!
ちゃんとケアすれば肌は必ず応えてくれます。

ハリと取り戻すと同時に肌の透明感やツヤも出てきて、-10歳肌も夢ではありません。

moka
5年後10年後の肌のために今すぐ「たるみケア」していきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で