【ダイエット法】40代女性は基礎代謝を上げてきれいに痩せよう!

【ダイエット法】40代女性は基礎代謝を上げてきれいに痩せよう!

「40代になってから急に太ってしまった」「思うように痩せない」という人は多いのでは?

若いころなら、ちょっと運動したり食べる量を減らすだけで体重が落ちたのに、40代に太った人はとにかく痩せにくいんです。

私もその一人で、何をやっても効果が出なくて「このままどんどん太ってしまったらどうしよう・・・」とすごく焦っていた時期があります。

moka
一時はベスト体重から10キロ以上太ってしまった💧

そんな私ですが、今はなんとか元の体重をキープできるようになってきました✨

痩せるために実行したのはとにかく代謝を上げること!

今回は、40代に太ると痩せにくい理由と、効果的に痩せる方法をご紹介します。

 

40代で太ると痩せにくい理由3つ

40代の女性が痩せにくい理由には次のようなものがあります。

1.女性ホルモンが減って脂肪が蓄積されやすくなる

女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」というの2種類があります。

このうちの「エストロゲン」は、食欲を抑えて脂肪を燃焼したり、内臓脂肪を血液中に流す働きがあるのですが、残念ながら年齢とともに分泌量が減ってしまうんです・・。

さらに運動不足なども原因となって筋肉量が落ち、脂肪が蓄積されやすくなります。

2.基礎代謝量が落ちる

基礎代謝とは、私たちのカラダを動かす基本的なエネルギーのこと。じっとしていても体温が保たれたり、内臓が活動しているのは基礎代謝のおかげです。

基礎代謝が活発な10代~20代は、食事によって脂質や糖質を摂取してもすぐに基礎代謝に使われるので太りにくいんです。

でも、基礎代謝量は年齢とともに少しずつ減って、40代になるとピーク時の半分近くにまで落ちてしまいます💧

筋肉も落ちていくので、生きていくために脂肪を蓄えるようになります。このため、基礎代謝量が落ちると同時に太りやすく痩せにくい体になってしまうのです。

3.運動不足やストレス

40代というと、仕事や家事などが忙しくて、思うように運動する時間が取れない人も多いですよね。

ただでさえ筋肉量が落ちているので、運動不足が続くとあっという間に太ってしまうんです。

また、ストレスがたまると暴飲暴食してしまったり、質の良い睡眠が取れなくなってしまいがち。

 

40代で始めるダイエットで気をつけたいこととは?

40代でダイエットするときに絶対避けたいのは、体重が減って体のハリも失うこと。

ダイエット方法を間違えると「老けてしまう」んです・・。

体重だけにこだわったダイエットは、見た目の印象だけではなく体の力も奪ってしまうかも。

40代でダイエットすると老ける?!

40代でダイエットすると老ける?!

若いころのように体にハリがあるときは、「体重が落ちる=痩せてきれいになる」ことが可能でした。

でも、40代の女性がただ体重を落としただけでは「確かに痩せたけど、なんだか老けたよね・・」なんて言われてしまいます💧

痩せたけど肌にはハリもなく、ウエストやヒップがだらっと下がった体は全然魅力的ではありませんよね。

それならむしろぽっちゃりしてハリとツヤのある体の方がよほど魅力的かも。

食事制限だけのダイエットで無理に痩せるダイエットは禁物

私もいろいろなダイエット方法を試しましたが、逆に太ってしまったり、リバウンドしたりと苦い経験も。

短期間で無理やり痩せたときは、体調を崩して肌も荒れてしまいました。

その時決めたのが、短期間で行う無理なダイエットをしないということ。

辛い食事制限や、高価なダイエット器具や、したこともない運動に手を出すのはやめました。ダイエットのストレスは逆効果だと思うからです。

食事の量よりも内容を変えてみる

食事の量よりも内容を変えてみる

体重を落とすだけなら、方法は簡単。食べ過ぎなければいいんです。「それが難しいから苦労しているのに!」と思うかもしれませんが、本当だから仕方ありません💦

代謝が落ちているのに、食事量が若いころと同じだと脂肪が増えてしまうので、当然太ってしまいます。

私は食べることが大好きで、食事制限は本当に本当に辛い・・。

そこで思い切って食事制限をやめてみました。

そのかわり量は同じでも内容を変えたんです。

和食を意識して食べたり野菜を多く摂るようにするなど「ざっくりとした変え方」でしたが、量は意識せず基本的には好きなように食べています。

それでも1年かけて10kg痩せました!

その方法をこのあとご紹介しますね。
 

40代で太ってしまった人が痩せる「効果的な」方法とは?

痩せたきっかけは3日に一度のスクワット

痩せたきっかけは3日に一度のスクワット

私は40代に入ってすぐ急に体重が増えはじめ、あっという間に10キロ近く太ってしまったんです。

夕食をダイエット食に置き換えてみたり、慣れないウォーキングをしてみたのですが、ほとんど効果がなく途方に暮れていました。

そこで朝食を置き換えて、3日に1度スクワットをする方法に代えてみたところ、1か月ほどすると少しずつ体重が減り始めたんです✨

朝食を置き換えても意味ないんじゃない?と思ったりもしましたが、せっかく買った置き換えダイエット食がもったいなかったので(笑)なんとなく朝にしてみたのですが、結果的にこれが正解!

昼と夜はいつも通り食べていたのですが、間食が圧倒的に減って食事の量も控えめでも大丈夫になったんです。

ただ、置き換え食を買い続けるのってお金もかかるし、味も飽きてしまって。

そこで、「代謝をあげることで結果的に痩せる(食事制限なし!)」というダイエットに切り替えることにしました。

つまり、体重を落とすよりも体のラインをシャープにしてメリハリのある体を手に入れることを目標にしたんです。

この方法でストレスをためることなく1年で10kg痩せることができました。

具体的にやっていることを3つご紹介しますね。

方法1.水を飲んで基礎代謝を上げる

水を飲んで基礎代謝を上げる

以前ミュージシャンのマドンナが2リットルの水を飲むと聞いて真似したことがあるのですが、2リットルって結構きついんです💧

そのときはすぐ挫折したのですが、運動もせずに水だけ飲んでもダメなのは今思えば当たり前ですよね。

ここ数年実践しているのが1日1リットルの水を飲むという方法。

量の目安は、厚生労働省の「健康のため水を飲もう」推進運動で「1日に必要な水分は2.5Lで、飲み水としては1.2L」というのを参考にしました。

コツは「のどが乾く前に飲む」こと!

「のどが渇いたな」と感じたときにはすでに体の水分が足りないサインなので、早めに飲むように気をつけています。タイミングとしては、朝起きたときや食事のとき、お風呂に入る前後など。

朝は白湯にしたり、食事のときは炭酸水にして食べすぎを防いだり、お風呂の前はクエン酸ウォーターにするのもいいですよ😀

水を飲むと体の毒素を排出したり、血行がよくなったり脂肪の燃焼にも役立ってくれます。

飲む水は手に入りやすいものがおすすめ。無理して高価な水を取り寄せなくても、市販されているもので十分です。

moka
デザインの可愛いボトルの水を選んでみるのも楽しく続けるコツ!

方法2.筋トレで筋肉量をアップする

痩せるためにもっとも頑張っているのが筋トレ

基礎代謝を上げるためには運動で筋肉量をアップさせるのが効果的なんです。

脂肪よりも筋肉量を多くすることで基礎代謝が高くなり、痩せやすい体になっていきます。

基礎代謝量が落ちる

私は運動が苦手なので、ウォーキングなどの有酸素運動を定期的に取り入れるのはハードルが高い💧

そこで、2日から3日に1度のペースで筋トレをしていますが、私には合っていたみたいで、のんびりですが続いています。

テレビを見ながらスクワットをするのが基本。

寝転がって足の筋トレをするだけの日もありますが、続けることが大切なので無理しないようにしています。

筋トレは、有酸素運動よりも筋肉アップに即効性のある無酸素運動なので、割と早く効果が感じられるのがいいところかも。

ウエストやヒップがキュッと引き締まると、その分やる気もアップ!

moka
有酸素運動についても書かれているので、この本につられてやり始めました!

方法3.体を温めて基礎代謝を上げる

昔から「女性は体を冷やさないように」と言われますが、つい薄着をしたり冷たいものを飲みすぎたり、意外とやってしまっている「体を冷やす」こと。

女性は筋肉が少なく脂肪が多いことや、ホルモンバランスの乱れなどが原因で体が冷えやすいんです。

体温が1度上がると基礎代謝量は13%もアップするので、代謝を上げるには冷え対策が欠かせません。

冷えない体を維持するために気を付けたいのが次の2つ。

  1. 意識して体を冷やさない工夫をする
  2. 体を温めて冷えない体にする

体を冷やさない工夫には「体を冷やさない服装を心がける」「冷たい飲み物を避ける」などがあります。

私が愛用しているのが無地のストールを一年中持ち歩くこと✨

冬はもちろん夏でも冷房が効きすぎている部屋で羽織ったり、ひざにかけておくなどできてすごく便利です。

体を温めて冷えない体にするには、「湯船にゆっくりつかって体の芯から温まる」「生姜や根菜類など体を温める食事を採る」などがあります。

CHECK!

漢方薬で体を温めると痩せる?!

有名なダイエット薬に「コッコアポ」があります。4種類あるのですが、それぞれ「防風通聖散」「大柴胡湯」「防已黄耆湯」「当帰芍薬散」などの漢方薬でできているんですよ!

私は冷えが気になるので「当帰芍薬散」を使ったタイプを飲んでいますが、悩んでいた手足の冷えがなくなりよく眠れるようになりました。便通がよくなったので、お腹周りがスッキリしてダイエット効果も実感!

薬剤師さんに相談して試してみるのもアリですよ!

 

40代女性のダイエットを成功させるポイント

今までいくつかのダイエットにチャレンジしてきましたが、成功率が上がったのは次の2つを守るようになってから。

①生理の周期に合わせてダイエットする

女性の体や肌は女性ホルモンの影響を大きく受けるので、ダイエットやスキンケアも生理の周期に合わせて力を入れるとうまくいきます。

ダイエットに最適なのは、生理が終わるころから約2週間です。

エストロゲンという女性ホルモンの量が増えてくるこの時期は、プロゲステロンの影響で溜め込んでいた水分が排出されるタイミング。

体がデトックスしやすい状態なので、代謝もよくなりダイエットには最適な時期なんです。

逆に、生理の始まる約1週間前から生理中の約7日間は、体が痩せにくい状態💧 いつもより食欲も増えますし、イライラしてストレスを強く感じることも起こりがち。

この時期はダイエットは控えめにして、するとしても軽いストレッチくらいにしておきましょう。

②体重ではなくサイズを測る

ダイエット中は、モチベーションを保つのが大変ですよね。

甘いものの誘惑に負けそうになったり、筋トレが続かなかったり・・・。

そんなときは、体重ではなくウエストのサイズを測ってみて! 「もう少し細くしたい!」「あ!1cm減ってる」などとダイエットのモチベーション維持に役立ちます。

【おまけ】どうしても短期間で痩せたいときは

無理せず長期スパンで痩せる方がいいとわかってはいても、「どうしても急いで痩せたい」なんてこともありますよね。

そんなときは、自己流よりもプロの力を借りた方が確実です。

  • ジムやエステに通う
  • 置き換えダイエットで集中的に体重をコントロールする

私は無理なダイエットで体を壊したことがあるので、自己流で「〇〇ダイエット」のようなものにはトラウマがあるのですが、唯一置き換えダイエットは効果が実感できて体調もよかったです。

ただし、続けるにはお金もかかるので、あくまで緊急用✨

基本は無理せず続けられる筋トレなどの方法がベストだと思います。

moka
ダイエット関係のものを買うときは、高価すぎないものにすることと、安全性をチェックすることは忘れずに。
 

痩せる習慣を続けて確実な効果を実感しよう

痩せる習慣を続けつつ、確実な効果を実感しよう

個人差があるので、絶対この方法なら痩せるというわけではありませんが、大切なのは簡単に続けられる方法で痩せること。

ちなみに私が10キロ痩せるには1年近くかかったのですが、半年くらいで見た目がスッキリして周りの人にも「痩せた?!」と気づかれるレベルまで体重が落ちたのでモチベーションも保つことができました。

例えば毎日の歯磨きやお風呂のように、当たり前にしている習慣と同じく、「少し長い時間歩く」「姿勢よく座る」「睡眠の質を上げる」などを習慣として組み込んでしまえばいいんです。

40代にもなると、習慣を変えることは実は難しいのですが、頑張って意識して変えていくことが大切。

moka
無理せず続くのがベスト。健康的に痩せる方法を見つけていきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で