肌が綺麗になる読みもの

【乾燥肌を徹底的に改善】”足さずに引く”スキンケアがおすすめ!

投稿日:

年齢を重ねるにつれ、肌の乾燥がひどくなってきました💦

管理人
朝のお手入れで保湿したつもりでも、午後になるともうバッキバキ。

いちばん困るのが、ファンデーションのノリが悪く、夕方までもたないこと!

鏡を見ては、「肌がきれいになりたいな」とため息の連続。焦って高価なエイジングケア化粧品を使っても、なかなか乾燥がおさまらなくて・・・。

そこで一大奮起?して、それまでのスキンケアをいちから見直すことにしました。

お金をかけずにできる方法で、乾燥肌を徹底的に改善させる方法を5つご紹介したいと思います。
 

”足す”のではなく”引く”スキンケアで、乾燥肌が改善する!

乾燥に悩むようになると「エイジングケアに力を入れないと!」と思いがちですが、エイジングケアはどちらかと言えば”攻め”のケア。

乾燥肌を改善するには、まずは適度な保湿をキープする”守り”のケアから始める必要があります。

今回ご紹介するような「乾燥肌を改善する方法」でツヤのある肌を実感できたら、そのあとでエイジングケアに力を入れていきましょう。

1.朝の泡洗顔をやめてみる

これこそ、まさに引き算のスキンケア!

以前から興味はあったものの、「朝洗顔料で洗わないなんて、汚れが落ちないから無理」と、なかなか勇気がでませんでした。

朝の洗顔をやめることができた”きっかけ”は、ヴェレダのクレンジングローションを使ったこと。

拭き取り化粧水として買ったのですが、朝ぬるま湯で流した後に使ったら、コットンがうっすらと茶色くなってビックリ。残っていたメイク汚れなのか、皮脂汚れなのかわかりませんが、かなりすっきりして気持ちいいんです✨

朝は、ぬるま湯で流す+拭き取り化粧水だけ、という方法に代えてから、すごく肌の調子がいいことに気づいたんです。

しかも、泡洗顔していたときよりも、断然乾燥しにくい!

管理人
他にも、蒸しタオルで拭き取るだけの方法も試しましたが、面倒くさがりなので続かず(笑)。

蒸しタオルは時間と気持ちの余裕があるときだけにして、基本的には水に近い温度のぬるま湯で流した後に、拭き取り化粧水でさっと拭き取るだけにしました。

2.化粧水をひたすら重ねづけする

アヤナス ローション

化粧水の重ねづけはもう常識かもしれませんが💦 私は今まで化粧水は一回つけたら終わりでした。

そこまで化粧水に保湿力を求めていなかったというか、早く次のステップ(乳液とか美容液とか)に進んだ方が、しっかり保湿できると思い込んでいたので。

でも、化粧水の段階で時間をかけると、不思議なほど肌が柔らかくなって、ハリが出てくる感触があるんです。

朝は特にしっかりと保湿したいので、最低でも三回は化粧水を重ねます。コツは一回つけたら、少し時間をおいてからさらに化粧水をつけることと、髪の生え際などの隅々までしっかりといきわたらせること。

乾燥を防ぎたいあまり、頬や口元など顔の中心ばかりを触ってしまうので、顔の端から端まで化粧水をつけるように意識してぐっと押し込むようになじませます。

仕上げは、クリームよりもオイルを使っていますが、べたべたするのが嫌なので、ちょっとしか使いません。でも、化粧水をしっかり重ねておけば、全然問題なし!

3.防腐剤フリー&無添加化粧品は使わない

こんなこと言うと、「何を馬鹿なこと言ってるの?」って叱られそう💦

でも、ちゃんと理由があって、「防腐剤フリー」とか「無添加」とうたったスキンケア化粧品の中には、防腐剤のかわりに大量の保湿剤を配合していることがあります。

肌荒れと目の下のクマがひどくて皮膚科に駆け込んだときに、教えてもらってこのことを初めて知りました。

けして肌に悪いものではなくても、保湿しすぎの状態になって、逆にニキビやクマの原因になってしまうそう。

肌の乾燥が改善されるまで重視すべきは「質のいい保湿力」。

質のいい防腐剤が適切に入っているのなら、その方が肌には優しいような気がします。

化粧品は、「防腐剤フリー&無添加化粧品」なら安心ということではなく、成分や保湿剤の種類が重要なので、きちんと調べてから使うようにしています。。

4.日焼け止めは”SPF値の低いもの”を重ねづけする

ノブの日焼け止め

それまでは重視することのなかった日焼け止めですが、ただ紫外線をカットすればいいアイテムという考え方を改めました。

化粧水などと同じように、スキンケア化粧品の一部として選ぶようにしています。

日焼け止めをつけると、なんだか白っぽくなってカサカサ乾燥するような気がしませんか?

よく、「紫外線吸収剤」は肌によくないから、「紫外線散乱剤」入りの方がいい、なんて言われますが、どっちも乾燥はします!

しかも、強力な日焼け止めを使うと、クレンジングで落とさないといけないから、さらに乾燥が乾燥を呼ぶ状態に・・。

私が愛用しているのは、皮膚科ですすめられたNov(ノブ)の日焼け止めで、石けんで落とせるタイプのものを丁寧に重ねづけしています。

▼ 詳しくはこちらの記事に書きました ▼

娘と一緒に使えるノンケミカルなNOV(ノブ)の日焼け止め

皮膚科ですすめられた日焼け止めをずっと使い続けています。 ニキビに悩む娘も一緒に使えるほど低刺激なので、敏感肌の私も当然 ...

続きを見る

Nov(ノブ)はSPF32 PA+++なので、日常使いにはぴったりですが、どうしても強力な紫外線の下に行くことがあれば、ポーラのホワイティシモを使います。

SPF50・PA++++、サラサラで伸びがよく、日焼け止めにありがちな圧迫感がない!
美白までしてくれるので、「さすがポーラだなあ」なんて感心してしまいます✨

こちらも特別なクレンジングなしでも落とせるので、乾燥肌でも安心して使えます。

5.ミネラルファンデーションを使いこなす

ミネラルファンデーションこそが、乾燥しがちな肌の救世主だと思います。

パウダータイプを愛用していますが、ミネラルの力で保湿してくれるので驚くほどしっとり✨

つけ心地が軽いし、肌をふんわり優しい印象に見せてくれるので、もう手放せません。

しかも、スキンケア効果があるので、夜落とした後の肌は、しっとりすべすべ。石けんで落とせるので、クレンジングもいらないんです。

ただし、カバー力はケミカルなファンデーションには負けます💦

シミなどはコンシーラーを使って隠さないといけませんが、べったりリキッドファンデーションを塗るよりは肌が呼吸できるので、面倒がらずにひと手間かけています。

つやありミネラルファンデーションは乾燥しがちな40代にこそおすすめ

40代のベースメイクに求められるのは、しっとり”つや”のある肌に見せること。 そのために高級ブランドのクリームファンデー ...

続きを見る

 

乾燥肌を改善するためには、”足さずに引く”スキンケアがおすすめ! まとめ

朝の泡洗顔をやめたり、ミネラルファンデーションに代えたりするだけで、肌の乾燥は驚くほど改善しました✨

私の場合、スキンケアを頑張るあまり、顔を触りすぎて刺激を与えていたこともよくなかった気がします。

年齢を重ねてくるとエイジングケアに力を入れたくなりますが、肌の調子が悪い時ほど、シンプルなケアがいいと実感しています。

管理人
高価なエイジング化粧品を買う前に、ぜひお試しくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Facebook

-肌が綺麗になる読みもの
-

Copyright© 40代だからできる!肌が綺麗になる方法 , 2018 All Rights Reserved.