オイルの種類で肌が変わる?!乾燥肌でも使えるクレンジングオイルの選び方

乾燥肌でも使えるクレンジングオイル

クレンジングオイルの魅力は、なんといっても洗浄力が強いこと。

moka

メイク汚れをするりと落としてくれるから、時短ですっきり!

今でこそクレンジングオイルを愛用している私ですが、実は結構な乾燥肌。

以前はオイルタイプのクレンジングを使うと、

  • 「洗い上がりがつっぱる」
  • 「肌がガサガサになってしまった」
 
なんてことも多かったんですよね…。

moka

メイクをしっかり落としつつ、乾燥しないクレンジングが欲しい。

いろいろ試しているうちに、「乾燥肌でも問題なく使える(むしろ使ったほうがいい)!」クレンジングオイルを見つけました✨

この記事では、

  • 乾燥肌の人も使えるクレンジングオイルの選び方
  • おすすめのクレンジングオイル3つ
をご紹介します。

 

乾燥肌の人も使えるクレンジングオイルはどう選ぶ?

私はかなりの乾燥肌なので、ずっとミルクタイプのクレンジングを使っていました。

でも、濃いメイクをした日や日焼け止めをしっかり塗った日に

なんだかメイクが落ちてないかも💧」

と感じることが多くて…。

moka

さっと汚れが落ちるオイルタイプの方がいいのかな?

いくつか試しているうちに、クレンジングオイルにもいろいろな種類があることがわかりました。

乾燥肌の人でも使えるクレンジングオイル選びのポイントを3つご紹介します。

ポイント1 主成分オイルをチェック

一般的なクレンジングオイルは次のような構成になっています。

なんとクレンジングオイルの80%がオイルなんです!

つまり、「ベースとなるオイルに何が使われているか」をチェックすることがすごく大切。

オイルタイプのクレンジングって、安いものから高価なものまであって、違いがよくわからなかったりしますが、値段の違いはまさにオイルの違い

クレンジングに使われるオイルは、大きく分けて次の3種類があります。

  1. 「鉱物油系オイル」
  2. 「エステル系オイル」
  3. 「油脂系オイル」

値段は「鉱物油系オイル」「エステル系オイル」「油脂系オイル」の順に高くなります。

moka

ざっくりと違いを解説するよ!

鉱物油系オイル」は、ミネラルオイルを主成分にしているものが多く、洗浄力が高いのが特徴。

ドラッグストアなどで買うことができる、ちょっと安めのクレンジングによく使われています。

エステルオイル」は、酸化しにくくメイクによくなじむので使いやすいオイルです。

ダブル洗顔がいらないタイプによく使われていて、価格も1,000円台~とお手ごろ😀

油脂系オイル」は米ぬか油やオリーブ油、アルガンオイルなど人の皮脂と組成が近いオイルのこと。

肌へのなじみのよさと優しさはピカイチですが、お値段が高めなのがデメリットです。

MEMO
オイルが組み合わされている場合もありますが、成分表示を見ればどのオイルがメインで配合されているかわかります。
オイルの種類鉱物油系
オイル
エステル系
オイル
油脂系
オイル
特徴洗浄力は高いけど乾燥しがち洗浄力があってうるおいも残す洗浄力が高くうるおいもキープ
価格安いお手ごろ高い
代表的な
オイル
ビオレ
メイク落とし
パーフェクトオイル
ファンケル
マイルドクレンジングオイル
シュウウエムラ
アルティム8∞ スブリム ビューティ クレンジング オイル

moka

乾燥肌の人は、エステル系か油脂系がおすすめ。

エステル系オイルの代表的なものが、無添加化粧品でおなじみの「ファンケル マイルドクレンジング オイル」。

公式ページを見ると、「エチルヘキサン酸セチル」や「ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10」などのエステル系オイルが使われていることがわかります。

参考マイルドクレンジング オイルの全成分表示

すっきり洗いたいけれど、あまり高価なものは・・・という人はエステル系のオイルの中から選べばOK。

乾燥が特に気になる場合は、ちょっと奮発して油脂系オイルのクレンジングを選びましょう。

ポイント2 美容成分をチェック

いくら油脂系オイルを使ったクレンジングでも、多少は肌のうるおいを奪ってしまいます。

そこで注目したいのがクレンジングに含まれる美容成分

セラミドやヒアルロン酸配合のものや、シア脂やスクワラン、ホホバ種子油など保湿力のある美容オイルが含まれているものを選びましょう。

ポイント3 乳化しやすいかをチェック

乳化とは、水分と油分が混じり合って白くにごる現象のこと。

いいクレンジングオイルを見分けるには、きちんと乳化するかどうかをチェックすることが重要です。

ファンケルのマイルドクレンジングオイル 乳化の様子

ファンケル マイルドクレンジングオイル 乳化の様子

オイルはもともと水とは混じり合わない性質。

メイク汚れとなじませたクレンジングオイルを洗い流すためには、いったん乳化させてサラサラにする必要があるんです。

moka

ちゃんと乳化しないクレンジングは、肌に残ってヌルヌルしちゃう💧

乳化が遅いクレンジングオイルは肌への負担が大。

そもそも乳化ができていない場合は、肌に残った油が酸化してシミやニキビの原因になってしまいます。

乳化の方法は簡単✨

クレンジングオイルをメイクになじませた後、水を少しずつつけていきます。

この時に指先の感覚がふっと軽くなったら乳化ができたというサイン。


クレンジングオイルに「界面活性剤」は必要

クレンジングオイルには乳化を助けるために「界面活性剤」が含まれています。

「界面活性剤はダメ」という人もいますが、専門家によるとそれは間違いとのこと。

クレンジングオイルに含まれる界面活性剤は、洗浄力を高めるというより油と水を乳化させる働きをするもの。

ちゃんとしたクレンジングオイルに使われる界面活性剤は非イオン性界面活性剤なので、肌への刺激は最小限。

moka

むしろきちんと界面活性剤が入っていないクレンジングオイルは怪しいかも。

 

乾燥肌でも使える「エステル系」クレンジングオイルはどれ?

乾燥肌の私でも安心して使えるクレンジングを3つご紹介します。

日常的に使えるのはやはりコスパがよくて洗い上がりが心地いい「エステル系」のクレンジングオイル。

moka

”使い心地”にこだわりました!

高いクレンジングオイルもいくつか試しましたが、美容成分の多すぎるリッチ系はニキビができたりして失敗も多数…。

そこで選んだ条件は次のようなもの。

moka的いいクレンジングオイルの条件

  • オイルっぽいニオイがしないもの
  • お値段お手ごろ(1,000円台)
  • 洗いあがりはさっぱり。でもつっぱらない。

星の評価をつけているので参考にしてみてくださいね。

アテニア「スキンクリア クレンズ オイル」

アテニア「スキンクリア クレンズ オイル」
黄ポイント
メイク汚れだけではなく、肌ステイン(紫外線やほこりなどの刺激から肌を守ろうとして作られる着色汚れ)をもすっきりと取り除いてくれるのが最大の特徴。1,000円台で手に入るコスパの良さも◎。
おすすめ度
量 / 価格175mL / 1,836円(税込)
W洗顔不要
濡れた手
洗浄力しっかりメイクも”くすみ”も素早くオフ

アテニアは同品質の他社商品より1/3の価格で手に入ることで有名です。

アルガンオイルなどの品質のよいオイルを使っているのに、1000円台で手に入るというコスパの良さがすごい!

moka

美容成分のおかげで肌はツルツル✨

肌ステインもスッキリさせてくれるので、

「肌がくすんで見える」
「透明感がなくなった」

と悩んでいる人はぜひ試して欲しいクレンジングオイルです。

アロマタイプと無香料タイプから選べますが、私のお気に入りはアロマタイプ。

柑橘系の香りでリラックス効果も抜群です。

\ 化粧水のおまけつき /

公式なら300円オフのチャンス

レビュー記事はこちら
アテニアクレンジングオイルボトルたまってしまう「肌のくすみ」をアテニアのクレンジングオイルで簡単にオフ

 

ファンケル「マイルドクレンジング オイル」

黄ポイント
「おみごと三段落ち」のCMで有名なファンケルのクレンジング。濡れた手でも使えます(ダブル洗顔は必要)。洗浄力は強いのに、しっとり感がキープされるのもうれしい。
おすすめ度
量 / 価格120mL / 1,836円(税込)
W洗顔
濡れた手
洗浄力しっかりメイクもスッキリ落ちる

他のクレンジングオイルに浮気してもつい戻ってきてしまうのがファンケルのマイルドクレンジングオイル。

抜群のメイク落ちなので、しっかりメイクの日も安心です。

洗い上がりはベタベタせず、さっぱり感が強め。

moka

アイメイクも一気に落とせるから便利。

使い続けていると、おでこや小鼻のまわり、あごのザラつきがなくなっていく気がします。

初めて使う人は、500円で1ヵ月試せるトライアルボトル(通販限定)がおすすめ。

\ たっぷり1ヵ月分 /

500円(税込)・送料無料

レビュー記事はこちら
ファンケル マイルドクレンジング トライアルボトル500円でお試し!ファンケルのマイルドクレンジングオイル|レビュー  

d プログラム「ディープクレンジングオイル」

黄ポイント
敏感肌でも使用できるスキンケアシリーズ「dプログラム」のクレンジングオイル。肌に余分な負担をかけず、すばやくしっかり落としてくれます。まつ毛エクステをしていても使うことができます。
おすすめ度
量 / 価格120mL / 2,500円(税抜)
W洗顔不要
濡れた手×
洗浄力ほどよく落とす
ナチュラルメイク向き

資生堂の敏感肌用化粧品「d プログラム」は、敏感肌のまさに救世主✨

ファンデーションも愛用中なので、クレンジングオイルも使ってみたらすごく肌に合っていました。

メイクとのなじみがよく、するするーっと汚れが落とせます。

dプログラム ファンデのレビューはこちら
肌荒れをケアしながらきちんとカバー!dプログラム「薬用 スキンケアファンデーション(パウダリー)」レビュー

気に入っている理由は、オイルっぽさがないこと。

香りもほとんどなくて、サラサラのテクスチャーも使いやすいです。

ただ、あまりにも濃いメイクは落ちにくいのが難点…。

ナチュラルメイクや、dプログラムのファンデを使っている人は問題く落ちます。

moka

使いやすいから、あっという間になくなってしまう。

 

油脂系ならシュウウエムラ「アルティム8∞スブリム ビューティー クレンジングオイル」

黄ポイント
ちょっと奮発したいときは、絶対シュウウエムラのアルティム8∞スブリム ビューティー クレンジングオイル。お値段が高いので一瞬ひるみますが、翌朝の肌が他のクレンジングとは全然違う! すべすべなのにスーパーしっとり✨

シュウウエムラのクレンジングは全部で6種類。

中でも「毛穴・乾燥・肌荒れ」など、どんな肌悩みにも対応しているのがシュウウエムラのアルティム8∞スブリム ビューティー クレンジングオイルです。

moka

とにかく軽い!さらっさらの使い心地✨

ウォータープルーフのメイクも力を入れずに驚くほどスッと落ちてくれます。

天然由来成分98%なので、洗いあがりはしっとりもちもち。

まつげエクステにも対応していて、ダブル洗顔不要なのもうれしい。

450mlなら4ヶ月以上もつ!

moka

ニキビができていても使えるのがGood。

 

乾燥肌でもクレンジングオイルを使おう!

乾燥肌でも使えるクレンジングオイルの見分け方とは?

乾燥肌には使えないと思い込んで、以前は全く使ったことがなかったクレンジングオイル。

使ったきっかけは、強力な日焼け止めやメイクをしっかり落としたかったからなのですが、使ってみると「クレンジングって進化してるんだな」ということをあらためて実感しました。

ミルクタイプやクリームタイプのクレンジングで念入りに落とすよりは、肌への負担も減って乾燥肌の私にはむしろ向いているのかも

もちろん相性はありますが、お気に入りのクレンジングオイルをひとつ見つけていれば、時短にもなってストレスがひとつ減った気がします。

毎日使うものだからこそ、自分の肌に合ったクレンジングオイルを探してみてくださいね!