美容オイルの効果的な使い方とおすすめのオイル5つ

We Heart It

あらゆるコスメを使い尽くした美容のプロたちが最後に行きつくと言われる「オイル美容」。

保湿力の高さや肌への吸収のよさから、美容液やマッサージに使われることが多いのですが、そのほかにもボディ、ハンド、ネイル、ヘアなど全身に使える万能さも人気の秘密です✨

オイルと一口で言っても、アルガンオイルやホホバオイル、ココナッツオイルなど種類もたくさん。

今回は、オイル美容の効果とエイジングケアに役立つオイルを5つ厳選してご紹介します。
 

一度使ったらやめられない「美容オイル」の効果とは?

使ったことがない人からは、「ベタベタしないの?」「オイルの匂いが気になる」「ニキビが悪化しそう」などの心配もあがるオイルを使った美容法。

オイルで最大の美容効果を得るためにはいくつかポイントがあります。

そもそもどうしてオイルが美容にいいの?

オイルが美容によいと言われる理由は、

  • 肌なじみが抜群にいいこと
  • 肌に栄養を届ける成分が豊富
の2つ。オイルの成分は人間の皮脂組織にとても似ていて、乾燥した肌を優しく保湿しながら、皮脂のバランスも整えてくれる作用があります。

オイルが美容によいと言われる理由

肌の角質層は細胞がレンガのように並んでいて、その間を「細胞間脂質」という組織が埋めて細胞同士をくっつけています。

この「細胞間脂質」とオイルはとても相性がいいので、肌に付けたオイルはスーッと細胞の隅々にまで浸透

さらに、オイルには抗酸化物質や必須脂肪酸、ビタミンやミネラルなどの栄養素を含んだ美容に役立つ成分がたっぷり!

これらが、肌の細胞の奥までしっかりと届けられると同時に、肌の表面をバリアして外からの刺激はガードしてくれるんです。

美容オイルってベタベタしないの?

オイルと聞くと、ベタベタした食用のオイルを思い浮かべてしまいますよね。

美容目的に商品化されてオイルは、べたつきを抑えたさらりとしたものもたくさんあります。

例えばホホバオイルなどはさらっとしているのに保湿力も高いので、髪やボディケアとしても使える万能オイル。

どうしてもベタベタが気になる場合は、いつも使っている美容液に数滴オイルを垂らして使うのもおすすめ! たった数的でも美容効果はしっかりあるので、もっと保湿が欲しいときにとても便利ですよ。

ニキビができやすくならない?

「オイルがニキビを悪化させたり、ニキビの原因になりそう」という意見もありますよね。確かにオイリー肌の人がオイルを使いすぎると、皮脂の分泌と重なってニキビの一因になってしまう可能性も高いです。

コツはいつもの化粧水のあとにほんの一滴使う方法。過剰な皮脂が抑えられ適度な保湿感が得られます。

美容オイルはニキビ跡を目立たなくする効果もあるので、ニキビができやすい人も上手に使ってほしいアイテム。

ホホバオイルならニキビなどのトラブル肌を落ち着かせてくれるので、ニキビ肌の人はオイルの選び方がポイントになってきます。

肌の悩みがある人は、自分の肌とオイルの相性をしっかり確かめてから使うことも重要です。

 

オイルはどうやって使うの?

美容オイルは全身に使えるオールマイティなアイテム。

詳しい使い方を見ていきましょう。

「フェイスケア」でオイルを使う

オイル美容

一番人気の使い方は、朝晩のお手入れの最後にオイルでうるおいを閉じ込める方法。美容液の代わりに使う人も多いようです。

化粧水の前にブースターとしてオイルを使うのもアリ。

肌が柔らかくなって次に使う化粧水や美容液の浸透がよくなりますよ。

オイルを直接肌につけるのは抵抗がある、という場合は、化粧水や美容液などに混ぜて使ってみましょう。

また、リキッドファンデーションに混ぜて使うのも、のびがよくなりメイクの持ちもよくなっておすすめの方法です。
 

「ボディケア」でオイルを使う

美容オイル ボディケア

お風呂上がりの清潔な肌に、数滴のばすとすべすべの肌に!

保湿はもちろん、ふくらはぎにつけてクルクルマッサージすればむくみも取れます。年齢のでやすいデコルテラインも、下から上にすべらせればハリのあるツヤ感が戻ってきます。

おすすめなのは、バスルームから出る直前にまだ水滴が肌についている状態でオイルをつけてなじませた後、タオルでそっと水気をふき取る方法。

水分が残っているおかげで肌全体にまんべんなく広がり、タオルで水分を吸い取ればハリのあるしっとり肌に。

バスタブに数滴落としてバスオイルとして使う方法も、全身を保湿ケアできていいですよ。
 

「ヘアケア」でオイルを使う

オイル美容 ヘアケア

タオルドライした髪に、2~3滴ほどをなじませるとツヤが出てしっとりまとまりやすくなります。

また、シャンプー前にオイルをつけて、マッサージするのもおすすめ。

頭皮の毛穴に詰まった汚れや皮脂は週1回程度、オイルで浮かせてクレンジングしましょう。

「ハンド&ネイルケア」でオイルを使う

オイル美容 ハンドケア

ハンドクリームなどの代わりに、手や爪のマッサージに使いましょう。浸透がいいので、思ったよりべたつきません。

髪や顔、ボディにオイルをつけたら、洗い流さず手に塗ればOK!

 

究極のアンチエイジングオイルはどれ?

定番のオリーブオイルやホホバオイルの他にも、老化防止効果の高いアルガンオイルなどたくさんの種類のオイルがありますが、「それって何の油?」ということも多いですよね。

アルガンやホホバというのは木の種類で、どちらのオイルも植物の実から採れる油です。

他にも、いろいろな植物から採れますし、植物によって性質や効果もさまざま。

ここでは、「アンチエイジングに役立つ美容オイル」に絞って、5つおすすめのものをご紹介します。

香りやテクスチャーもかなり違いますので、お好みの質感や必要なケアに合わせて使い分けてみてください。

1.NATURAL ORCHESTRAの「ホホバオイル」

ホホバオイルは、肌や髪に足りないワックスエステルを補充し乾燥などから肌を守ってくれることで、肌や髪に本来のツヤとハリを与えます。

肌質も問わないことや、ニキビなどのトラブル予防にも役立つことで広く人気の万能オイル。酸化しにくいので保存しやすく、オイル初心者でも安心して使えます。

NATURAL ORCHESTRAの「ホホバオイル」は、ECOCERT(世界最高権威フランス有機認証機関)、COSMOS(ヨーロッパ統合有機認証機関)、2機関のオーガニック認定を受けた日本で唯一の高品質オーガニックホホバオイルです。

moka
プロ御用達のスタイリストさんが愛用していると知って使い始めました。サラッとしていて、匂いもほどんどないからすごく使いやすい!

乾燥や肌荒れ、ニキビ、アンチエイジング、アトピーのケアにもピッタリですよ。

2.コディナ【CODINA】のアルガンオイル

最近注目のアルガンオイル。砂漠のあるモロッコの南西部に生育するアルガンツリーの実の種の核から採取されるオイルで、約30キロの果肉から1リットルしか採取されない大変貴重なオイルです。

含まれるビタミンEはオリーブオイルの約2~3倍といわれ、体の酸化作用から守ることがで、シワやシミのできにくい、若々しい肌をつくります。

他にも、オレイン酸やリノール酸、ステロールなど栄養分が豊富。オイルは日焼けしやすいイメージがありますが、このオイルは逆に紫外線ダメージなどから肌を守ることでも人気です。

コディナのアルガンオイルは100%オーガニックの未精製オイル。

とにかく純度が高いので、美容効果は段違いです✨
香りも原料そのままの香りがしますが、品質が高いのですぐに慣れて心地いい香りに。

3.mogans(モーガンズ)の「ディープモイストオイル」

シャンプーでもおなじみの、mogans(モーガンズ)の「ディープモイストオイル」は、石油由来界面活性剤は一切使用せず、天然成分100%で作られたナチュラルピュアオイル。

香りがいいのも特徴で、毎日使うのが楽しみになるオイルです。

肌やボディにも使えますがこのオイルが最高に効果を発揮するのは、髪に使ったとき!

moka
ホホバオイルよりも少し重めのテクスチャーですがべたつかないからすごく使いやすい!パサついた髪をあっという間にしっとりまとまりやすくしてくれます。

もちろん肌に使ってもいいですよ。ブースターとして化粧水の前に一滴使うと次に使うアイテムの浸透がぐんっとよくなります。

 

4.ヴァーチェの「マルラオイル」

マルラオイルは、美容オイルの最高峰アルガンオイルを超えるといわれるオイル。年齢を重ねるにつれ増える目元のシワ・ほうれい線・たるみなどの、アンチエイジングケアにおすすめです。

南アフリカの厳しい大地で育ったマルラの実から抽出されるマルラオイルは、肌本来のチカラを高めるアンチエイジング成分がたっぷりと含まれていて、ビタミンCはオレンジの約4倍、抗酸化力はオリーブオイルのなんと約10倍!

ヴァーチェの「マルラオイル」は、ミネラルコスメで知られるエトヴォスのアイテム。パック並みの保湿力ですが、浸透性に優れているので、肌表面はさらっとしていて使いやすいことも特長です。

moka
個人的には他のオイルよりは若干べたつきが気になりましたが、夜のケアに取り入れれば、翌朝の肌や髪は驚くほどしっとり!

日本ではまだ認知度も低い希少なマルラオイルですが、オイル上級者にも試してほしい実力派のオーガニックオイルです。

5.テラクオーレの「ダマスクローズ デューオイル」

アンチエイジングに効果を発揮する!と言われる「ダマスクローズ」。その理由は、女性ホルモンの分泌を促す効果と、美肌効果の高さ。

数が少なく希少価値の高いダマスクローズは、ローションやオイルが世界中の女性から高い支持を集めています。

テラクオーレの「ダマスクローズ デューオイル」は、こだわり抜いた3つのローズ原料(ダマスクローズエキス・ローズヒップオイル・ダマスクローズ精油)配合のオイル美容液。

オリーブ、ベニバナ、アーモンド、アボカドの4種のオイルも絶妙なバランスでブレンド。なめらかな肌馴染みで気になる目元、口元にうるおいを与えます。

香りは強いくらいですが、女性なら大好きなローズの香りで癒されます。

moka
量を調整しやすいスポイトタイプなので清潔で扱いやすいのも嬉しい。べたつきも無くのびが良くて、時間が経つと保湿感はあるのにさっぱりしてて良い感じです。

顔・デコルテのマッサージや、メイク前の保湿ケアにも重宝するオイルです。

 

美容オイルの効果的な使い方とおすすめのオイル5つ まとめ

美容オイルの効果的な使い方とおすすめのオイル4つ まとめ

今回ご紹介した他にも椿オイルや、マカダミアナッツオイルなどもエイジング効果が期待されているオイルで、これらをブレンドしたオイルもあります。

植物由来のもの以外にも、馬油などの動物性オイルなど様々なオイルがありますが、肌の悩みに合わせて選ぶのもいいですし香りやテクスチャーも大切。

いつものスキンケア化粧品もいいですが、天然オイルで地球の恵みを肌に吸収してみるのもいいものです。

なるべく小さ目のボトルなどで少しずつ試して、お気に入りのものを見つけてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

2 件のコメント

  • アルガンオイルは美肌や美髪ケアと一緒に爪のケアにも使いましょう!効果あります。 | キュレーションメディア より:

    […] […]

  • アルガンオイルは爪のケアにも有効なんです。ご存知でしたか? | キュレーションメディア より:

    […] […]