肌が綺麗になる読みもの

美白信仰から抜け出そう!肌は白ければいいってものじゃない!

更新日:

女性なら誰もが憧れる「肌がきれいな人」。

では「きれいな肌」というのは、どういう肌なのでしょう。

「みんなやみくもに美白にこだわるけれど、それだけでいいの?」そんな疑問がいつもあったんです。

今回は、「美白」と「きれいな肌」の関係について考えてみました。
 

「美白」さえすればきれいな肌になれるわけじゃない

「きれいな肌」というと、「シミのない肌」や「つやのある肌」をイメージしますよね。

つまり「白い肌」というよりも、つるんとしたハリのある肌こそが、みんなが目指すきれいな肌なのではないでしょうか。

美白という言葉に踊らされてない?!

何年も続く「美白」ブーム。

美白、と書いてない化粧品は使わない!なんて人もいるくらい、当たり前のように美白化粧品が氾濫しているのが今の状況です。

確かに「色の白いは七難隠す」ということわざもあるくらいですから、色白の女性は顔かたちに多少の欠点があっても、それを補って美しく見えるというイメージが定着しているのかもしれません。

でも、冒頭でも言ったように、色が白いことだけがきれいな肌の要素ではない気がします。
それを忘れてひたすら美白に熱中するのも考えもの。

目指すべき「きれいな肌」とは?

それは、凹凸のないつやのある肌ということが言えます。

女性誌でもよく「白い陶器のような美しい肌」というような表現を目にしますよね。
これも、つや感がいかに重要なポイントかを表している気がします。

肌にシワやたるみ、ニキビ跡などの凹凸がなければ、光をきれいに反射するため、肌はつややかに見えるもの。

ということは、肌が黒い人でも凹凸がなければ、輝きがあるつややかな美しい肌だといえるのではないでしょうか。

むしろ肌が黒い人の方が光の反射のコントラストのおかげで、つやつやとして見える気もします。
 

まずはつやのある肌を目指す

美白化粧品そのものを否定するわけではありません。

色の白い肌は確かに美しいし、シミを予防する美白化粧品のメリットもわかっています。

ただ、忘れないでいたいのは「肌がきれい」の要素は、色ではなくて「つや」と「透明感」だということ。
白い肌でも浅黒い肌でも、つやと透明感があるなら美しい。

美肌を追求するあまり、美白にこだわりすぎて「とにかく白く!」と極端なケアをしている人も多いような気がします。

また、気を付けたいのは乾燥の激しい敏感肌の人の場合。

美白成分は刺激が強く、気を付けないとたちまち肌荒れの原因となってしまいます。
敏感肌でも使える優しい処方かどうかを見極めてから使いましょう。

美肌の追及は、美白の追求とは全く別のもの、ということを忘れないようにしたいものです。

極端な美白信仰から抜け出して、本当の意味での「きれいな肌」をめざしたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Facebook

-肌が綺麗になる読みもの
-

Copyright© 40代だからできる!肌が綺麗になる方法 , 2018 All Rights Reserved.