40代だからできる!肌が綺麗になる方法

大人の美肌を手に入れる。

飲む低分子コラーゲンならグングン吸収して美肌になれるってほんと?

      2015/02/17

低分子コラーゲンを飲んで美肌になる!

beautiful
 
身体の中のコラーゲン量は20代が最も多く、40代では20代の半分近くまで!減少していきます。
コラーゲンは肌のスプリングのような役割。
そのためコラーゲンが減ってしまうと、肌のハリや弾力はなくなり、「たるみ」「シワ」となって私たちを悩ませます。

081807そこで注目したいのが、「コラーゲン」配合の化粧品やドリンクたち。

コラーゲン配合の化粧品なら即効肌がプリプリ・・なわけじゃない! 」という記事で、コラーゲン配合の化粧品選びについてご紹介しました。

コラーゲンは本来分子が大きすぎて、そのままでは肌に浸透しにくいのですが、低分子コラーゲン」と呼ばれるものなら、断然肌への浸透性が高まるらしい!!!。

低分子コラーゲンは、化粧品だけではなく、コラーゲンドリンクサプリなどで摂取することも可能。

以前は「コラーゲンって食べたり飲んだりしても体内で分解されてしまうので意味ない」と言われていましたが、実はそうでもないらしいんです。

photo by Shan Sheehan

低分子コラーゲンって何?

ごく簡単に言うと「分子をさらに小さくした低分子のコラーゲン(ナノ化コラーゲン、コラーゲンペプチドともいう)」。

もうちょっと解説すると・・・

低分子コラーゲンとは?

タンパク質であるコラーゲンは、カラダの中で一旦すべてアミノ酸へと分解されます。
つまりコラーゲンのまま肌に届くなんて無理な話、そういう理由でこれまで「コラーゲンを飲んでも意味はない」と言われてきました。

ところが!コラーゲンを摂取したあとの血液を調べると、アミノ酸が数個連なった状態のものがかなりの割合で見受けられることから「ペプチド」という状態のまま吸収されていることが明らかになったんです。
血液によって体内に運ばれたコラーゲンのペプチドはすぐにアミノ酸に分解されることなく、かなり長時間にわたりその状態を保ったまま存在している事実が研究結果によってもたらされました。

まとめると、コラーゲンの効果をもっと得るために、はじめから分解されにくいペプチドの状態で摂取すれば血中に取り込みやすいということ。
こうして現在の健康食品やサプリメントとして販売されているもののほとんどが低分子タイプに変わってきているのです。

低分子コラーゲンの効果的な摂り方とは?

低分子コラーゲン配合のドリンクやサプリは、飲むだけで美肌効果が狙える「肌の救世主」。

次の5つのポイントをおさえて飲むことで、さらに効果はアップ!します。

低分子コラーゲンを飲んで美肌効果を上げる方法

ビタミンCと一緒に摂ると効果アップ!

ビタミンCは体内でコラーゲンが安定して維持されるために欠かせない成分。コラーゲンを合成する時に必要な酵素の働きを助ける補酵素として働きます。特にお仕事などでストレスが多い場合はビタミンCの消耗が多いので、サプリなどで補っておいたほうが良いんだそう。

ディアナチュラビタミンC(60日分)

エラスチンも一緒に摂るとヒアルロン酸量が増えるダブル効果!

細胞レベルの実験で、コラーゲンとエラスチンが同時に存在すると線維芽細胞1個当たりのヒアルロン酸産生量が増えることがわかっています。エラスチンはコラーゲンと同じような食品に含まれていますが、食品からは摂りづらいものなのでサプリで補ったほうが良いようです。

エラスチン (180カプセル/約3ヶ月分)

寝る前に飲む!

コラーゲンは就寝前に摂取するのが一番美容効果が高いとされています。成長ホルモンが分泌されるお肌のゴールデンタイム(22時~2時)に熟睡しているのがベスト。できれば、23時までにはお風呂に入ってコラーゲンを摂り、0時までには就寝しましょう。

糖分を摂りすぎると効果は半減!

過剰な糖分は、コラーゲンと結びついて老化架橋を増やしてしまうから要注意。どうしても甘いものを摂りたいときは、食物繊維と一緒に摂るなどの工夫をしてみて。食物繊維が、糖との結びつきを抑える働きをしてくれますよ。おすすめは、小豆の繊維も摂れるあんこを使った和菓子などがいいでしょう。

分子量をチェック!

低分子コラーゲンとは「どのくらいの分子量なのか」というのは明確に定められていません。分子量は5000でも、500でも低分子コラーゲンとひとくくりされるので注意が必要。一般的に肌につける場合は分子量が1000以下でないと浸透が悪くなってしまいますが、ドリンクやサプリなら3000~5000程度でも吸収されると言われています。低分子にしすぎると味に影響するので、吸収のしやすさと味などのバランスも兼ね備えたものを選びましょう。

コラーゲンドリンクとサプリはどちらが効果的?

084162効果で言えば、低分子のものならコラーゲンドリンクでもサプリでもさほどの差はありません。

早めに効果を実感したいならドリンクタイプがおすすめ。
コストが気になる人はや長期的に摂取したい人は、サプリや粉末タイプがいいかもしれません。
サプリなら手軽に持ち運びできる利点もありますね。

また、一般的に低分子コラーゲンは苦い味においが特徴。
ドリンクタイプの方が飲みやすいという声も多く聞かれます。

どちらにしても、自分の好みにあった商品を選べばよいと思います。
 

おすすめの低分子コラーゲンドリンクはこちら

フジフイルム アスタリフト コラーゲンドリンク

常温でも飲みやすい!全身の肌が綺麗に!

1箱10本入り3,610円 ⇒ 初回のみ1,805円(税別)

フィルムの原料であるコラーゲンを約70年研究し続けた富士フィルムから待望の10,000mlコラーゲンを配合したドリンクが登場。吸収のよいマリンコラーゲンをさらに分子量700にまで超低分子化。消化器官での分解に時間がかからず、効率的に吸収されるようになっています。さすがコラーゲンの専門家が作っただけはある、納得の効果!

✔ ピーチヨーグルト味が飲みやすい
✔ 美白効果もあるのが嬉しい♪
✔ ノンカフェインだから寝る前も安心
 

富士フイルムのコラーゲンドリンク♪お試しサンプルはこちら

 - 肌が綺麗になるコラム ,

  関連記事

We Heart It
美肌にもダイエットにも効くなんて!白湯を飲んだらいいこといっぱい!

最近始めて想像以上によかったのが朝「白湯」を飲むこと。 白湯というと単純に何も入っていないお湯のことなんだけど、普段飲んでいるコーヒーやお茶を白湯に置き換えるだけで体に嬉しい効果があるらしいんです。 …

weheartit
メイクを落とすタイミングを変えたら肌が見違えるほどすべすべに!

私が乾燥肌に悩まされるようになってから気づいたことのひとつに、 メイクを落とすタイミングを間違えるとますます乾燥する! というのがあります。 帰宅後すぐにメイクを落とす人もいれば、眠る直前までそのまま …

camera
美白信仰から抜け出そう!肌は白ければいいってものじゃない!

「美白」さえすればきれいな肌になれるわけじゃない   女性なら誰もが憧れる「肌がきれいな人」。 では「きれいな肌」というのは、どういう肌なのでしょう。 改めて思い浮かべてみると、「シミのない …

生理周期と肌の関係
スキンケア化粧品を変えるベストなタイミングはいつ?

「そろそろ化粧品を変えてみようかな・・・」 そう思うことありますよね。 それはどんな理由からでしょうか? 1 今の化粧品に大きな不満はないけれど、もっと自分に合うものを使ってみたいから。 2 今まで使 …

We Heart It
肌もきれいに?!思いきり泣いてストレスを洗い流そう!

ためるつもりはなくても、たまってしまうのが「ストレス」。 私はストレスがたまると、てきめんに顔に出るタイプなんです・・・。 顔と言うより肌かな。 朝、洗顔していると肌に嫌な感触があって、「キタ~! ニ …

We Heart It
ちょっとしたクセが原因で肌荒れを起こすこともある

必要以上に顔を触っていませんか? 女性ならば、いつまでも若々しいつややかな肌でいたいもの。 そのために毎日のスキンケアを頑張ったり、お手入れ方法や美容にいいことをいつもチェックしている人も多いと思いま …

We Heart It
色選びで損してない?肌をきれいに見せてくれる色の見つけ方

「自分に似合う色はどれ?」 女性ならいつも気にしていることですよね。 服の色はもちろん、肌に直接つけるアクセサリーや髪の色、メイクを選ぶときにもすごく重要なポイント。 特に、肌を何倍もきれいに見せてく …

コーヒーで肌のシミが防げるってホント?
コーヒーで肌のシミが防げるってホント?

コーヒーで肌のシミが防げるらしい!   最近のコーヒー注目度はすごいです。 トクホのコーヒーもすっかりおなじみになりましたね。 そんなコーヒーはダイエット以外にもいろいろと体に役立つらしい。 …

weheartit
40代からでも綺麗になれる?

40代からでも綺麗になれるのかな・・・。 私がそんなことを考え始めたのは、周りの40代女性を見るたびに、ますます女度を上げる人もいれば、実年齢より老けて見える人もいて、その差はますます広がっているよう …

コラーゲン配合の化粧品なら即効肌がプリプリ・・なわけじゃない!
コラーゲン配合の化粧品なら即効肌がプリプリ・・なわけじゃない!

「コラーゲン配合」の本当の効果を誤解している人が多い!   コラーゲン と聞くと、「肌がプリプリになりそう♪」というイメージがすっかり定着していますよね。 確かに、化粧品でも「コラーゲン配合 …