40代だからできる!肌が綺麗になる方法

大人の美肌を手に入れる。

美白信仰から抜け出そう!肌は白ければいいってものじゃない!

      2016/11/10

「美白」さえすればきれいな肌になれるわけじゃない

camera
 

女性なら誰もが憧れる「肌がきれいな人」。

では「きれいな肌」というのは、どういう肌なのでしょう。
改めて思い浮かべてみると、「シミのない肌」や「つやのある肌」をイメージする人が多いのではないでしょうか。

つまり「白い肌」というよりも、つるんとしたハリのある肌こそが、みんなが目指すきれいな肌なのでしょう。

photo by Nouva Vita

美白という言葉に踊らされてない?!

美白という言葉に踊らされてない?!数年前から続く「美白」ブーム。

美白、と書いてない化粧品は使わない!なんて人もいるくらい、当たり前のように美白化粧品が氾濫しているのが今の状況です。

確かに「色の白いは七難隠す」ということわざもあるくらいですから、色白の女性は顔かたちに多少の欠点があっても、それを補って美しく見えるというイメージが定着しているのかもしれません。

でも、冒頭でも言ったように、色が白いことだけがきれいな肌の要素ではない気がします。
それを忘れてひたすら美白に熱中するのも考えもの。

目指すべき「きれいな肌」とは?

それは、凹凸のないつやのある肌ということが言えます。

女性誌でもよく「白い陶器のような美しい肌」というような表現を目にしますよね。
これも、つや感がいかに重要なポイントかを表している気がします。

肌にシワやたるみ、ニキビ跡などの凹凸がなければ、光をきれいに反射するため、肌はつややかに見えるもの。

ということは、肌が黒い人でも凹凸がなければ、輝きがあるつややかな美しい肌だといえるのではないでしょうか。
むしろ肌が黒い人の方が光の反射のコントラストのおかげで、つやつやとして見える気もします。
 

まずはつやのある肌を目指す

まずはつやのある肌を目指す
 
美白化粧品そのものを否定するわけではありません。

色の白い肌は確かに美しいし、シミを予防する美白化粧品のメリットもわかっています。

ただ、忘れないでいたいのは「肌がきれい」の要素は、色ではなくて「つや」と「透明感」だということ。
白い肌でも浅黒い肌でも、つやと透明感があるなら美しい。

美肌を追求するあまり、美白にこだわりすぎて「とにかく白く!」と極端なケアをしている人も多いような気がします。

また、気を付けたいのは乾燥の激しい敏感肌の人の場合。
美白成分は刺激が強く、気を付けないとたちまち肌荒れの原因となってしまいます。
敏感肌でも使える優しい処方かどうかを見極めてから使いましょう。

美肌の追及は、美白の追求とは全く別のもの、ということを忘れないようにしたいものです。

極端な美白信仰から抜け出して、本当の意味での「きれいな肌」をめざしたいですね。

photo by jiweiliang

40代の「ゆらぎ肌」におすすめのスキンケアは?

口コミ人気No.1コスメ ディセンシア アヤナス

指を押し返すような「ハリ」と「弾力」!

トライアルセット10日分 初回限定1,480円(税込)

敏感肌特有の炎症を抑えながら若返りを促すという新しいアプローチのエイジングケアブランド。ポーラ・オルビスグループによるものだから技術的裏付けも納得です。中でもクリームのハリ感は秀逸!

✔ 化粧品が急にしみたり、赤くなってしまうも
✔ 小じわやたるみが目立って老けて見える人も
✔ 季節の変わり目に乾燥などで肌が荒れる人も

まずはアヤナス10日間トライアルセットで手軽に試してみましょう。

「ディセンシア アヤナス」体験談を見てみる

 - 美白, 肌が綺麗になるコラム

  関連記事

beautiful
一番お金をかけるべきスキンケア化粧品はどれ?

スキンケア化粧品は、高価なものからプチぷらなものまであって、どれを選んだらいいのか迷いますよね。 「高い値段の方が効果ありそう」とは思っても、化粧水や美容液、クリームなど、全部高価なものでそろえると総 …

サエル
美白が効きにくいのは敏感肌のせい?!敏感肌専門美白化粧品「サエル」

出来てしまったシミにもアプローチ!サエルの美白   「サエル」は、敏感肌専門として開発された美白化粧品のブランド。 敏感肌の人は、美白化粧品がしみたり、ピリピリしたりして思うように美白ができ …

weheartit
夜寝る前に塗るクリームは”なりたい肌”に合わせて使い分ける!

夜のスキンケアの仕上げに クリーム をつけて寝ていますか? 私は、「化粧水で水分を補給したら、最後はクリームの油分でふたをする」というイメージが強いのですが、これまでたくさんの種類のクリームを使ってき …

大人の女性
40代からが勝負!周りをドキドキさせる真の大人っぽさが欲しい

もっと「大人の女性である自分」を発信したい   ヨーロッパ、とくにフランスでは成熟した大人の女性こそがもてはやされる文化があります。 残念ながら日本はどちらかと言えば、若者中心の流行が優先し …

We Heart It
肌もきれいに?!思いきり泣いてストレスを洗い流そう!

ためるつもりはなくても、たまってしまうのが「ストレス」。 私はストレスがたまると、てきめんに顔に出るタイプなんです・・・。 顔と言うより肌かな。 朝、洗顔していると肌に嫌な感触があって、「キタ~! ニ …

HANAオーガニックムーンナイトミルク
寝ている間に肌を再生してくれる乳液【ムーンナイトミルク】

  『 ムーンナイトミルク 』という素敵な名前の乳液に出会いました。 「寝ている間に肌を再生させる」というコンセプトのもと開発されたアイテムで、夜はこれひとつでOKなオールインワン化粧品なん …

We Heart It
美肌にもダイエットにも効くなんて!白湯を飲んだらいいこといっぱい!

最近始めて想像以上によかったのが朝「白湯」を飲むこと。 白湯というと単純に何も入っていないお湯のことなんだけど、普段飲んでいるコーヒーやお茶を白湯に置き換えるだけで体に嬉しい効果があるらしいんです。 …

We Heart It
ちょっとしたクセが原因で肌荒れを起こすこともある

必要以上に顔を触っていませんか? 女性ならば、いつまでも若々しいつややかな肌でいたいもの。 そのために毎日のスキンケアを頑張ったり、お手入れ方法や美容にいいことをいつもチェックしている人も多いと思いま …

large
初めて効果が出た!出来てから何年も経つシミが目立たなくなった方法はこれ!

私の悩みは、頬骨のあたりにドンっといすわる大きな シミ。 病院で処方されたハイドロキノンなども試してみましたが、比較的新しい他のシミは薄くなったのに、一番消したいシミにはあまり効果がなくて(;´Д`) …

女性ホルモン
美肌も女らしさも手に入る!女性ホルモンを簡単に増やす3つの方法

確実に女性ホルモンを補うためにできることって? 女性が「しなやかな美しさ」を保つためには、女性ホルモンの働きはとても大切。 ところが、女性ホルモンのピークは 通常20~30代で、40代に入ると少しずつ …