40代だからできる!肌が綺麗になる方法

大人の美肌を手に入れる。

美肌アプリみたいに肌を修正する下地「アテニア スキンレタッチャー」

   

アテニアスキンレタッチャー

スマホアプリで”美肌になるアプリ”使ったことありませんか?

「実際の肌もこんな風にレタッチ(写真修正)できたらどんなにいいか・・・。」と思う人も少なくないはず。

そんな願いをかなえてくれる化粧下地が、アテニア スキンレタッチャー です。

>>>新発想の肌質修正下地で、肌を作り変えたような「高精細肌」に【アテニア スキンレタッチャー】

肌の影を消して、ファンデーションを塗った後の印象をガラリと変えてくれるらしいと知って、かなり興味津々!

実際に使った感想を画像とともにご紹介しますね。

 

アテニア スキンレタッチャーとは?

アテニア スキンレタッチャーは、まるで肌を”修正(レタッチ)”したかような、なめらかで若々しい肌を演出するクリームタイプの化粧下地です。

ヒントになったのは、アラを消して美しい素肌をつくる、写真の修正技術。
微粒子のスキンレタッチ粒子による光の効果で、ファンデーションを理想的な仕上がりへと導いてくれます。

SPF25/PA+++と紫外線対策もできますし、ファンデーションの上からハイライトを使わなくても、明るいなめらかな肌を作れると人気の商品です。

 

アテニア スキンレタッチャーを使ってみた感想

アテニア スキンレタッチャーは、いつものお手入れの後に化粧下地として使います。

日焼け止めを使うときは、日焼け止め ⇒ スキンレタッチャー ⇒ ファンデーション の順番で重ねていきます。

attenir-skinretoucher-arm

手に取ってみると、一般的な化粧下地よりは固めのクリーム状

しかも色がかなり白い!
肌浮きしないかな、と思いつつ伸ばしてみると、最初はまだ白っぽい印象。

では、実際に顔に塗っていきます。

attenir-retoucher-face

パール粒大の量を、おでこ・両方の頬・あごの4か所にポンポンと乗せたら、顔の外側に向けて少しずつなじませていきます。

肌の温度に触れると、不思議なくらいスッと伸びて、あっという間に透明に。
しかも、適度に固さがあるおかげで、少しずつ丁寧につけられる!

なるほどちゃんと考えられているな、と思わず納得です。

顔全体につけたあとは、自分の肌色よりワントーン明るく仕上がります

白浮きするようなことは全くなくて、毛穴などの影がカバーされることで、ふんわり肌が明るくなったような印象。

肌にしっかりと密着するので、すぐファンデーションをつけても大丈夫なのが嬉しい。

attenir-skinretoucher-face2

毛穴をカバーする下地はさらっさらな感触になるけど、スキンレタッチャーはどちらかというとしっとり感のある手触り

今回はパウダーファンデーションで仕上げたのですが、肌とファンデをぴたりと密着させてくれるから、表情を動かしても崩れにくい気がします。
 

スキンレタッチャーのレタッチ効果って?

attenir-skinretoucher-towel

美肌アプリのように肌をなめらかに見せるため、アテニアが着目したのは、肌に潜む影の存在。

毛穴や小じわ、肌の表面にある細かい凸凹が影となって、肌を老けて見せているんです。

レタッチ(写真修正)とは?

レタッチとは写真を美しく修正する技術のこと。
肌の美しさを阻害する余計な影を払い、「整える」テクニックです。

そんな影を光で消し去るという新発想の化粧下地だから、自然に肌を修正。

るで肌質を作り変えたような圧倒的な美肌に仕上がる仕組みです。

化粧下地としてもかなり優秀

attenir-skinretoucher-spf

肌をレタッチしてくれることに惹かれて使ってみましたが、化粧下地としての優秀さにかなり驚かされました。

まず、メイクが全然くずれない!

ファンデーションがピタッとついて、よれたりすることがないまま夕方を迎えるという感じなんです。さらに適度に皮脂をコントロールしてくれるので、くすんだり崩れることなく肌の状態をキープしてくれます。

厚塗り感がないのも嬉しいところ。

コンシーラーやファンデーションをゴテゴテと重ねづけしなくてもいいので、すごく快適。日焼け止めとしても機能するから、この下地とファンデさえあれば、デイリーなお出かけは問題なしです。

ハイライトがいらない!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この下地に出会う前は、ハイライトで顔を立体的に見せたり、明るさを作ってたけれど、それも必要なくなりました。

写真を撮る時に使うレフ板のように光をふんわり反射してくれるので、ファンデーションだけで仕上げたとは思えないほど自然で明るい肌が作れます。
 

スキンレタッチャーはとにかくコスパが高い!

attenir-skinretoucher-box

アテニアの化粧品は他にもクレンジングBBクリームなどを愛用中。

なんといっても、購入しやすい価格が嬉しい♪

スキンレタッチャーは1,728円(税込)送料無料です。あまりにお手頃価格なので「トライアルサイズ?!」と思うほどですが、現品(25g)でこの価格はすごい。本当にコスパが高いです。

スキンレタッチャーはこんな人におすすめです

attenir-skin-retoucher

私は隠したいシミや小じわがあるわりに、厚塗り感がすごく嫌い!
隠したいけどいろいろ塗りたくないという困った悩みがあるのですが、アテニアのスキンレタッチャーなら、簡単にお悩み解決!

実際何日か使ってみて思ったのは、「簡単に肌を明るく見せてくれる下地をひとつ持っていると、本当に便利だな」ということ。

年齢を重ねてシミやら毛穴やらいろいろカバーしたいけれど、厚塗りしてツヤのない肌にはしたくない人にはピッタリの下地なのではないでしょうか。

アプリのように魔法がかかった肌はさすがに無理だけど、顔の影を消すことで難点を見えなくしてくれる下地は、かなり役に立ちます。

>>>写真のレタッチ技術を応用した、新発想の化粧下地【アテニア スキンレタッチャー】



 - ベースメイク ,

  関連記事

manara2
30秒で簡単!きれい!新感覚BBクリーム【リキッドBBバー】

すっかりポピュラーになった「BBクリーム」。 日焼け止め、美容液、化粧下地、ファンデーションなどが一度にできてしまう、超時短アイテムです。 洗顔後に化粧水をつけたら、あとはこれだけ! あっという間にベ …

silkycoveroilblock
毛穴や小じわをカバーする化粧下地シルキーカバーオイルブロックで肌すべすべ!

以前から気になっていた化粧下地 シルキーカバーオイルブロック をついに使ってみました。 小鼻周りの気になる毛穴や、肌の凸凹をするんっとなめらかにしてくれるから、ファンデなしでも外出できちゃうくらい、肌 …

クリアエステヴェール
美容液ファンデ マキアレイベル【薬用クリアエステヴェール】レビュー

ここ最近は、素肌っぽいのにキレイに見えるベースメイクが主流です。 でも、年齢を重ねるにつれ、シミや毛穴など、隠したいところも増えていくもの。ついつい厚塗りになってしまいがちなベースメイクですが、カバー …

BBクリームとCCクリームってどう違うの?
BBクリームとCCクリームってどう違うの?

BBクリームとCCクリームを使いこなそう BBクリーム と CCクリーム 。 この違いをきちんと分かっている人はすごい! 私は最近まで「CCクリームは、BBクリームの進化したもの」と思っていましたが、 …

weheartit
コスパの高さで選ぶ!40代の肌を美しく見せるファンデーション

40代の女性にとって、ファンデーション選びはすごく大切! シミやくすみを隠したいけど、厚塗りにも見られたくない。あまり手をかけていない(ように見える)美しい肌が作れるファンデーションが欲しい。 そう思 …

etvos
エトヴォスのミネラルファンデ【スターターキットM(マット)】を使ってみました

  以前からすごく気になっていたミネラルファンデーション。 カバー力が心配だったので今まで使ったことはありませんでしたが、エトヴォスのミネラルファンデーション なら、毛穴をキレイに隠してくれ …

maihada-cc-cream
国内最高レベルで紫外線をしっかり防止する『米肌』のCCクリームがお気に入り!

「米肌」(まいはだと読みます)は、KOSE(コーセー)が開発・販売しているブランドです。 スキンケアライン(米肌)も大好きなのですが、中でもお気に入りはこの『 澄肌 CCクリーム 』! 1本でクリーム …

weheartit
毛穴のでこぼこを一瞬でなめらかにしてくれる優秀下地2つ

年齢とともに気になってくるのが、毛穴のたるみや黒ずみ。 どんなに丁寧にファンデーションを塗っても、時間がたつといつの間にか毛穴が目立ってきて、テカテカとメイクが崩れてくる・・・。 そんな人におすすめし …

アテニアBBクリーム
華やぎ肌が簡単に!アテニア BBクリームの「隠しピンク設計」

進化が止まらないアイテム、BBクリーム。 パパッと使えて、時間のない時もメイクがちょっと面倒な時も、すごく便利ですよね。 でも、BBクリームって、なかなか気に入ったものがない! 少しずつ塗ったつもりな …

weheartit
最高値「SPF50/PA++++」の日焼け止めなら焼けないの?

最近の日焼け止めって、「 SPF50 PA++++ 」という最高値をうたったものが増えた気がしませんか? 「今年こそ絶対に日焼けしたくない!」と思っている人なら迷わず選んでしまいそうですが、「数値が高 …